エンジニアの生き様をウォッチするメディア

「未経験でもここまでできる、というロールモデルに」高橋和希&濱田昂(ピクオス株式会社)〜Forkwell 企業インタビュー

「真の豊かさを追求するソフトウェア」をスローガンに、ソフトウェア開発のグローバル展開を企図するピクオス社(本社・鹿児島市)。同社の東日本支社に、エンジニア第1号社員として入社したのが高橋和希さん(写真右)です。

高橋さんの前職は水道管の営業であり、プログラミングスクールを経て未経験者として入社。現在は、東日本支社で常務取締役を務める濱田昂さん(写真左)の指導の元、忙しくも充実した日々を送っているようです。そんな高橋さんと、彼に信頼を寄せる濱田さんにお話を伺ってきました。

水道管の営業から、エンジニアへ。

――水道管の営業から、プログラミングスクールを経て転職されたと伺いました。営業時代は、どういうことをやられていたんですか? 

高橋 外回りをして、お客さんを訪問していました。基本的にはルート営業です。工事業者がメインターゲットで、新規営業や既存のお客さんに対しての営業をやってました。

社会人として初めてだったので、難しさは感じましたね。やっぱりお客様への対応が大変でした。毎日、様々な内容の問い合わせが来まして、答えがない中で自分で選択して対応するのはかなり難しかったです。

――例えば、どんな問い合わせがあったんですか? 

高橋 「こういう商品が、何日までにほしい」という注文が急に来たり。基本的に会社では全部対応するようにしていたので、柔軟性が必要でしたね。

――ちなみに問い合わせは電話で来るんですか? 

高橋 基本的には電話なんですよね。こちらがうまく聞きださないと、あいまいな表現のまま受けることになるので。聞く力も必要でした。

――現在の業務内容をお伺いできますでしょうか? 

高橋 業務内容は、主にサービスの開発、実装に取り組んでいます。現時点では3人チームなんですけれども、リーダーの方が鹿児島の本社にいらっしゃるので、チャットを利用して3人で開発しています。

――3人のチームなんですね。

濱田 エンジニアが3人で、営業とプロデューサーが2人います。

――具体的にはどういう開発をなさっているんですか? 

高橋 使っているフレームワークがVue.jsという比較的新しいもので、そういった技術を使った開発に今取り組んでいます。

濱田 チャットでの予約システムを開発中です。これは従来多く使われていた技術とは少し異なるシングルページアプリケーションというアーキテクチャを使っています。そのためにVue.jsを使い、その実装を彼が中心になってやっています。 

未経験の人に、すぐには成果を求めません。

――ピクオスさんに入られたきっかけは、どこにあったんですか? 

高橋 面接の中で、自社開発で動物病院の予約システムと電子カルテシステムを作るという話を聞いて、自分も役に立ちたいと思ったのがきっかけです。

――いろいろな会社さんを受けられていたんですね。その中で、ピクオスさんの「ここに惹かれた」という部分はどこだったんでしょう?

高橋 自社サービスである点と、これから新しいサービスを開発しようとしているところですね。社風もそうで、自由に勉強できる時間や準備期間もあったので、この会社に決めました。

濱田 弊社では、未経験の人にすぐには成果を求めません。今までの経験からも、ある程度の期間は取らないとできないっていうのはわかっていたので。「仕事をしながら身につければいい」というスタンスですね。そこが、自社開発の良いところでもあります。

今はリモートチームでの開発なので、まだ慣れてない感じはあると思います。伝える情報を多くする必要がありますが、それが少し足りないなと感じる場面もあります。彼には、今後そういった部分も身につけてもらえればなと思っています。

――SPAについては、具体的にどういうメリットがあるんでしょうか? 

濱田 動物病院のアプリケーションは、Ruby on Railsを使用していました。これは、画面切替のプログラム、データの保存をクラウドのサーバーに全部置いて、サーバーサイドでやってるんですね。

ただこの形だと、弊社が作っているような1日中使用する業務系のシステムでは、ひとつボタンを押すごとにサーバーとのやり取りが多く発生して、動作が重くなってしまいます。これをSPAにすると、画面切替の処理がフロントエンドで行なうことができるようになるんですね。

具体的に言うと、JavaScriptを使って画面切替をするんですけれども、そのJavaScriptのフレームワークであるVue.jsを使って簡単に切り替えが可能な処理に変えています。今までサーバーサイドでやっていた画面切り替えを、フロントエンドにだけ持ってきて。バックエンドはAPI通信で、データベース登録の役割だけに特化させる。すると、切り替えのスピードが速くなるんですね。 

動物病院のシステムをクラウドで作ってる業者は何社かありますが、実際にクラウドでシェアを取れている業者ってそんなにいないんですね。実際には、7割方がインストール型なんです。

今後市場を伸ばしていくには、インストール型のソフトを使っている人たちにもちゃんとメリットを説明し、移行してもらわないといけません。ただ、その際気になるのが遅さですね。

私はかつて、インストール型のソフト販売をやってたんですけれども、Webのシステムはどうしても遅いんです。インストール型であれば、ポンと押すと切り替わるんですよ。ここが改善できないと、今後シェアを奪っていくのは難しいと以前から感じていました。

そこで技術者に相談したら「SPAがあるから、そっちに移行した方がいい」という話になって、現在新しく作り直している状態です。そのために高橋さんを採用して、人材も東京の方で集中してやっていこうと思っています。

高橋さんには、未経験者のロールモデルになってほしい

――今後、この会社にご自身が関わることで「変化を起こしたい」部分はありますか? 

高橋 やっぱり、動物病院のシステムをまず完成させたいですね。そして、このシステムを使うユーザーがどんどん増えてほしいです。

濱田 彼は、開発として東日本に入ってきた第1号社員なんです。「未経験でもここまでできる」というロールモデルを目指してほしいですね。

今後も経験者は入ってくると思うんですけど、今は「未経験だけどやりたい」って人が多いので。そういう人たちに向けて発信できるようになってほしいと思います。重要な役割を担ってますよ。

――普段、こういうことを言われたりしますか? 

高橋 いや、たまに(笑)。

濱田 酔っ払った時くらいだね。

――濱田さん、熱い方ですね(笑)。働く上で大事にしていることをひとつ挙げるとしたら、どういうものがありますか? 

高橋 コミュニケーションを大切にしています。今のチーム開発はリモートで、リーダーが鹿児島にいるので、報連相はこまめにするようにしていますね。

濱田 Microsoftの「teams」ですね。office365を社内で入れていたので、Slackよりもこちらを使った方がいいんじゃないっていう。

――テキストベースのコミュニケーションで、気を使っているところはありますか? 

高橋 できるだけ具体的に書くことですね。あとは「これはどうでしょうか?」というよりは「こうしますが合ってますか?」という二択の質問をするようにしています。

――オープンな質問だと相手に負担が掛かるから、クローズな質問を心がけていると。

高橋 はい。負担を掛けないような質問は心掛けていますね。

いつか、会社に恩返しをしたい。

――「一皮剥けたな」と思う瞬間って、どういう時ですか? 

高橋 小さなことですが、エラーやバグがあった時に自分で調べて解決することができたり、機能実装することができた時ですね。成長を感じます。

濱田 新サービスがリリースして、実際にユーザーに使用されるようになってから本当に達成感が湧いてくるのかなと思いますね。

――リリースの目標はいつ頃くらいなんですか? 

濱田 年内です。たぶん、相当忙しくなると思います。

――現在、感謝を伝えたい人はどなたですか?

高橋 そうですね。ピクオスの会社自体だと思いまね。

濱田 あとは、ご両親じゃないの?(笑)

高橋 親もそうですね(笑)。後はスクールだったり、一緒に通っていた友人だったり、そういった方々には感謝したいです。

――どういうところに感謝したいですか? 

高橋 自分がもっと未熟なときに助けていただいたり、アドバイスをくれたり。もう少し続く部分はあると思うんですけど、いつかそれを会社に対してお返しできればいいなと。頑張りたいと思います。

――最後の質問になります、今後どういう人と働きたいですか? 

濱田 新人に関しては、ポテンシャルを感じる人ですね。それは面接をすればわかるといえばわかります。中途に関しては会社の理念に共感してくれる方、あとは自社開発をしたい方ですね。

高橋 未経験の方であれば、一緒に切磋琢磨していける方がいいなと思いますね。今やってる開発も新しいプログラミング言語で一から勉強しないといけないので、一緒に学習できればいいと思います。

<了>

ライター:澤山大輔


株式会社ピクオスでは、エンジニアを募集しています。