エンジニアの生き様をウォッチするメディア

「『Origamiらしさ』は、みんなが共有しています」宮本美也子&浦川悠也(株式会社Origami)後編〜Forkwell エンジニア採用インタビュー

<前編はこちら>

株式会社Origamiさんに、採用戦略について話を伺いました。

「Origamiでは、ディスカッションを重視しています」

――浦川さんが内定を受諾された決め手は、どの辺りですか? 

浦川 元々志望度が高かったこともあって、選考が進む過程で他社を受けなくなりました。

加えて面接の過程でエンジニアリングマネージャーと話をして、「思慮深い人だな」と思いました。こちらの意見を適切に判断し、意見を育ててくれるというか。

今までそんなマネージメントを体験したことがなかったので、「これほど信頼できるマネージャーがいるのであれば、是非働いてみたい」と思いました。

あとは社長と話していて、カリスマ性のある人だなと思って。今はQRコード決済をやってるけれども、今後はもっとこうしていきたい!とか、将来のビジョンを具体的に説明いただきました。

社長が夢を膨らませる会社は、社員も楽しめる感じなのかなと思いました。面接の中では、その二点が決め手になったと思います。

――入社前後で、ギャップはありましたか? 

浦川 正直、あまりないですね。何かしらアラートを上げたら、マネージャーはすぐミーティングをセッティングしてくれて具体策を練ってくれたり、とても頼もしく感じてますし、今は佳境なので忙しい日々ですが、入社前後で認識の差異はないですね。

――素晴らしいですね。

宮本 ホッとしました(笑)。Origamiではディスカッションを重視していて、特にエンジニアの面接の選考の中でもテクニカルテスト・コーディングテストを導入し始めています。そこでみているのは、どちらかというとコードの良し悪しよりも、目的・お題に対してどう組み立てているのか、どうしてそのコードを書くのかという思考プロセスなんです。

よりより良いものを作るためには、みんなで熟考することは重要ですよね。何が最善策なのか、少しでもユーザーさんが使いやすくすることを考え、議論し合うことを大事にしています。

先ほどエンジニアリングマネージャーの話が出ましたけど、彼との面接の中ではOrigamiの表示速度を速くするために、どういう風にしたらいいかというディスカッションをしたと伺っています。

それに対して、浦川さんは「自分はこう思う」ということをすごく素直に伝えられていて、その姿勢がすごく良かったという風に評価されていました。

――今のお話は、初めて聞かれました? 

浦川 そうですね(笑)。確かにその辺のフィードバックは無かったです。

宮本 あんまり、こういうのは言っちゃいけないかもしれません(笑)。

浦川 この話もそうですけど、こっちの意見を受け止めて、適切に育ててくれる印象を受けました。結論ありきで議論をしなくて、こっちの意見を受け取って、納得できる結論に落としていってくれる人たちが多いと思います。

――今挙がった点以外で、「Origamiらしさ」はどういうことが挙げられますか?

宮本 やっぱり、みんな技術が大好きであることですね。中にいるメンバーの技術スキルがとても高いので、入社直後の方は「キャッチアップが大変」って言われます。「切磋琢磨したかったから、楽しくやれている」っていう声も聞けたりしますね。実際、tech系イベントで登壇するメンバーも在籍していますし、非常に技術力の高いメンバーがそろっていると思いますね。

Origamiらしさでいうと、姿勢ですね。「Bigger, Faster(より大きく、より速く)」「Be Proactive(プロアクティブに)」「Be Positive(ポジティブに)」というところです。こういう動きができる人、こういう仕事の仕方を好む人が「Origamiらしい人」だと思います。

宮本 Origamiの歴史でも、エンジニアをこれだけ採用するケースはこれまでなかったと思います。エンジニアは非常に売り手市場と言われていますから、結構大変ではありますね……。

Forkwellでは、定期的にスカウトを送りました。1週間に10通までスカウトメールを送ることができるプランなので、しっかり絞り込み、送りたい人を厳選しました。あとは一人一人の経歴書を読んで、Origamiで活躍できそうかどうかを考え、文章もカスタマイズしました。

結果、本当にOrigamiに関心を持った方がご返信くださる状況になり、すごく良かったなと思っています。ちなみに、Forkwellさん経由では今年は4名入っていますね。

――他の人事さんの鑑ですね。すごいです。一人一人のレジュメを見てやるのは、なかなか大変だと思います。

宮本 そうですね。最初慣れるまでは10通送るのにまる1日掛かったこともあって。

働いてらっしゃる企業の採用ページを見て、どういうエンジニアさんなのか確認したり、事業を見て「この方は医療に興味がある人なんだな」「金融に興味ある人なんだな」みたいなところを個別に調べたりして。結果、一人ひとりの経歴書を読むのにかなり時間が掛かってしまったんです。

――そこから時間も縮めたくさんの方にお会いできたのは、どういう取り組みをしたのですか? 

宮本 数をこなしたことですね。経験が、職人技を生んだんです(笑)。

昨年12月下旬に前エンジニア採用担当から引き継いで、前任担当者が送っていたメールの雛形を貰って。1月から実際に私が打ち始めたという形ですね。運も良くて、すぐに3月入社してくださる方が出たんです。すぐ結果が出たのは、運に恵まれたと思います。

――とはいえ、すぐアクションしたことが結果に繋がった面は大きかったのでは。

宮本 そうですね。検索をする時、(媒体に)最近アクセスされている方から送るようにしていて、検索の仕方も工夫しました。

――浦川さんは、他媒体を利用されていましたか? 

浦川 利用しようと思ったんですけど、億劫になっちゃっていた部分がありました。Forkwellさんだと経歴書を貼って、ライブ連携みたいなところで情報を引っ張ってきてくれるので、登録・スタートがしやすかったですね。

――Forkwellのことは、以前からご存知だったんですか? 

浦川 名前は知っていたと思います。ただ、こんなに機能が豊富だったことは知りませんでした。

Forkwellさんの良いところとしては、メッセージ文から「一括送信じゃないな」ってわかるところですね。個別に質問したら、パーソナルな情報を返してくれる。今だと自動で文言を作ってくれるとかもあったりするんですけど、受ける側の感覚は全然変わってくるので。

チームで連携を取れる人と、一緒に働きたいです

――「こういう人と一緒に働きたい」という理想像を伺えますでしょうか。

浦川 チームでの連携がうまく取れる人だと、今のOrigamiの状況だとすごく働きやすいかなと思います。

Origamiはマイクロサービスで動いてるので、担当している部分以外にも、多くの人と連携を取る場面があります。そこでうまく他メンバーと相乗効果が出せる人だと、働きやすいのかなと。

これから、より金融寄りの会社になっていくと思うので、それに対してリスクアセスメントについても考えられる人ですね。

マネージャーとかが最近よく言っているのですが、修正を加えた時に、Origamiのサービスにどういう影響があるかを設計段階で考えられるような人だといいと思います。

宮本 大きく分けて2つあります。一つは、コーポレートバリューを体現し、一緒に高められる人。もう一つはスキルを磨きつつ、Origamiのサービスを大事にするためのチームワークを持って仕事していただける人ですね。

技術だけ高くても、自分ひとりで何から何までやって、ひとりで完結するというのは、Origamiの中ではできなくて。デザインはデザインチームが、お客様からの意向はプロダクトチーム、営業がヒアリングをしていきます。

他部門との関わりがすごくあるので、いろいろな人たちと関わりながら仕事をすることができる方は、Origamiで力を発揮できると思います。

<了>

ライター:澤山大輔