エンジニアの生き様をウォッチするメディア

「発表内容以外ぜんぶ、誰かに任せたい!」エンジニアコミュニティ座談会【3】ーCommunity lovers by Forkwell特別編

エンジニアコミュニティ主催者による「エンジニアコミュニティ座談会」、最終回は理想のコミュニティのかたち、Forkwellへのリクエストをお聞きしました。

第2回はこちら
第1回はこちら

極論、内容以外は全て任せたい!(笑)

――Forkwellはどちらかというと飲み会の費用負担などでサポートを続けてきていたと思うんですが、それ以外のリクエストがあれば聞かせていただけますか? 

主催者C connpassさんと一緒に、コミュニティ参加のガイドラインを作ってもらいたいですね。あと、会場のリストアップをForkwellさん側でやってもらえたらすごく嬉しいです。

主催者A それはガチで嬉しい!

――すぐやりましょう(笑)。どこかの会社さんは、必ずOKしていただけるので。あと、飲み会費用以外だとゲスト招待の負担ですかね。

主催者B 地方の人を呼ぼうとしたら、渡航費がかかりますから。去年やった大きな会合では外国の方を呼んで、渡航費と宿泊費が発生しました。そちらはスポンサー費で何とかなりましたが。 

主催者D 僕は出張をうまいこと絡めたり、仕事のついでに行けるようにしてます。

主催者C 地方展開したい欲があるだけだと思うんですけど、四国でまだ開催できていないので、やる時につなげられる人がいたら紹介してもらえると嬉しいです。

――四国、つながりありますよ。あとで連絡いたします。あと、講師を呼ぶ時って、つながりがない方を呼ぶ場合はどうされてるんですか?

主催者E つながりのつながり、から呼んでます。

主催者B 正攻法。昔、あるコミュニティで映画監督にアポイントする時に、お問い合わせフォームから行ったことあります(笑)。都内の人なんで、普通に来てくれてましたけどね。なしのつぶてのパターンもありますけど、正攻法からいっても大丈夫。

主催者D あと、受付の人員を手伝ってくれると嬉しいです。というのも大きな会場だと、セキュリティの都合で受付に人を出さないといけないこともあって。それをコミュニティの中の人とか参加者から捻出すると、その人が話を聞けないんですね。

――そうそう。

主催者D それが、すごく申し訳なくて。だから、できるだけやりたくない。そこを手伝っていただけると、めっちゃうれしいですね。

主催者C うちは毎回YouTubeとかで発信してるんですけど、面倒くさいんですよね。なので、配信してくれるサービスがあったら便利だなと。

主催者A crash.academyさんとかそうですよね。「最初にちょっとCM入れていただいていいですよ」みたいな感じで。

主催者B あそこはいいですよ、結構柔軟にやってくれる。去年の大きなイベントも撮影していただいて「YouTubeにも出したい」って無理を言ったんですけど、全然OK出してくれて。

――他に、主催者の方に対してお手伝いできることありますか?

主催者C 何も考えず全てを任せたい。

一同 (笑)

主催者A それ楽しいです?(笑)

主催者B とはいえ、極論そうでしょう。

主催者C そうなったら、自分がやりたいことだけやれますからね。それ以外はお願いしますっていう。

主催者D 人手を貸してくれってことですよね。

事前決済、どうしてますか?

――あと困りごとは、集金とかですかね。集金は皆さんどうされているんですか?

主催者A ちっちゃい金庫を持って、最後は2人で数えます。

主催者C 全く同じ(笑)。

――キャッシュレスとかはやってないですか?

主催者B PayPalを使いたいんですけど、(人によっては)事前決済をしてくれないんですよね。

主催者D ウチは2年くらいで、事前決済の割合が増えました。160人くらいの申し込みに対して6、7割は事前決済ですね。

主催者C それ、100パーセントにしたくないですか?5割だろうが7割だろうがあんまり変わらない気がしてて。

主催者B あー、単純に予定が変わる人とかがいますからね。キャンセルも、10日前までは全額返金にしてます。

――とはいえ、返金にも手数料かかりますよね。

主催者B そうですね。1件何十円なんですけど、10人、20人とか積み重ねると響いてきますね。

やっぱり満足度を上げていきたい

――もちろん両立が理想ですけど、自分たちの楽しみと来場者の満足度でいうとどちらがウエイト高いですか?

主催者A うちの場合は、満足度を求めてます。データ取ってるわけじゃないですけど。「こういうことを聞きたいんじゃないか」を起点にミートアップを設計しています。

主催者B うちも満足度を上げたいし、モチベーションとしては「エンジニアが仕事をもっと楽しんでほしい」なんですよね。

勉強会ってたぶんエンジニア全体の1パーセントとかしか来てなくて、99パーセントの人たちは、「自分なんかが行っていいのか」「ちゃんと人と喋れるのか」とか、ネガティブな感情がすごく多いのかなと。

そういう感情って仕事にも現れますから、「給料を良くしたい」「ポジションを良くしたい」「やりたいことをやりたい」みたいなこともできないと決めつけてる気がします。

成長できる場を作りたいですし、そういう人たちに刺さるにはどうするか毎回考えています。

――ある意味、connpassさんにとって一番重要なコミュニティですね。新規のお客さんを増やしてくれる、という意味で。

主催者B 次のステップに行ってほしいんですよね。LT大会でも何でもいい、他のコミュニティに行ってほしい。ある意味、自分のところを通過してほしいなと。

主催者C すごいですね。そんなところまでみんな考えてないんじゃないかな(笑)。

――「学びたい」「成長したい」人たちの、最初の一歩として使ってほしいというモチベーションなんですね。いろいろな動機がありますね……。

主催者B たぶん特殊だと思う(笑)。

主催者C 大体は、やりたいからやってるだけですよね。

懇親会のメニューをアレンジしてほしい!

――皆さん、他のコミュニティに行かれることはあります?

主催者E 全然ありますね。

――参加する時はどういう目的で参加されてるんですか?

主催者D 普通の参加者と一緒じゃないですか? そのテーマに興味があって、聞いてみたいとか。

――コミュニティ主催だと、手伝いたくなっちゃうことはないですか? 

主催者E 「手伝いたい」はないですけど、「ノウハウ盗みたい」はありますよね(笑)。「あ、ここは勝ってるな」とか、「これいいじゃん、パクろう」とかは。

主催者C 僕は自然と手伝ってますね。誘導したりとか、懇親会の用意とかついつい。

一同 (笑)

主催者A あ、それでいうとForkwellさんに「これやってほしい」リストでいうと、「懇親会のメニューをアレンジしてほしい」ですかね。

一同 ああー。

主催者A うちのコミュニティって割と工夫していろいろなものを出してるんですけど、やっぱり1人頭1,000円とか1,500円の世界なので選択肢が無いんですよね。気の利いたものができない。

主催者B ケータリング頼むにも、会場に依存しますよね。

主催者C 会場の人に「ここで頼むんだったら何がいいんですか」ってお願いしたら、だいたいサルバトーレ・クオモさんを提案されますね。

主催者D 皆さん工夫されてるんですね。僕はいつもピザとビールだけですけど(笑)。

――会場によっては、指定の業者を使わなきゃいけないですから。

一同 へぇー。

――となると、Forkwellとしては事前に金額を振り込むとかじゃなくて、「いついつの何時にこれが届くようにしときました」って方が助かりますか? 

一同 助かる(笑)!

主催者C そっちの方が嬉しいですね。

――出前のメニュー表みたいに、「この中から選んでください」とか。

主催者B いや、それもいらないです。全部任せます(笑)。

主催者C で、懇親会で文句を言われても「いや、俺のせいじゃねーし」って言える(笑)。

一同 (笑)

――主催する人たちって、忙しい中で好きなことをしたいわけで、なるべく雑務を省きたいってことなんですね。

主催者D そうですね、発表資料を作らなきゃいけないのに懇親会の準備もあるのは結構たいへん。お金以外のところでスポンサーをお願いする時は、まずそちらを打診しますね。「全部用意して欲しいんですけど」って。

――会場も用意して欲しいし、会場で食べるものとかも。

主催者D それなら最高ですね。実際、やってくれるところもあるんですよね。懇親会スポンサーを集めたあとでお声がけしたら、その辺の発注までやってもらえると助かります。

主催者A あと、会場を貸す側も手が回ってないとしんどいですね。この間、下がカーペットの会場で靴で入れるところにしたんですね。なので、まあピザとかこぼれますよね。確実に。

結局、広い会場を隅から隅まで掃除機をかけて、机を全部戻すのも1人でやって、みんなが撤収した後に1時間くらいいました(苦笑)。

一同 えーっ。

主催者C あるある……あとは会場の時間の問題があって、どうしてもこの時間に退出しなきゃいけないケースもあります。そうなるとお願いせざるを得ないというか。そういうのも、誰かに任せられたらいいですね。 

ブラックリストを共有してほしい

――会も終わりに近づいてきました、言い残したことがある人はいますか?

主催者C 一つ思いつきました。ブラックリストを共有してほしいです!

一同 (笑)

――全然できますよ! すでに作っているリストもあるので。この人たちからエントリーがあったら、抽選の時にこっそりはじくとか。

主催者A connpass自体に作ってもらえないですか? 前に要望出したんですけど「無理です」みたいな感じでした。

主催者B あ、それは可能だと思いますよ。connpassのブラックリスト機能は、僕が要望出して作ってもらったんです。2カ月くらいで作ってくれましたよ。

主催者D でもそういうのって、結局別アカウント作って応募されるんですよねえ。氏名を共有するしかないのかな。

主催者D 裏でこっそり回るブラックリスト、にした方がいいのかもしれないですね。

――そうですね、connpass側は関与させないほうがいいですね。個人情報になるので、取り扱い注意かなと。

主催者A でもホント、あるんですよねえ。ご飯だけ食べて帰る人とか。

主催者B この前、不動産投資の勧誘とかありましたよ。

一同 えーっ。

主催者C ビギナー系はマルチとか多いって聞きますね。

――確かに、論文読む会にそういう人は来ないですよね。

主催者A コミュニティよりも、会社が主催してる〇〇会社ミートアップみたいなのに割と来るかもですね。

主催者C 私のイベントでも、当選してないのに必ず来る方がいるんですよね。抽選から除外してるのに、来ちゃう。

――知らないふりして来るんですね。それ、どうするんですか?

主催者C 受付で「申し訳ないですけど当選してないので」ってお断りすることもあれば、気づいたら受付をくぐり抜けて懇親会場にいたり。僕が行って「すいません対象外です」って言って、外までお引取りいただくみたいな。

――心が強い(笑)。

主催者D どういうモチベーションなんですかね? ホントわからないですね(笑)。

――というわけで、今回は本当にありがとうございました! いただいた意見を元に、またお手伝いをさせていただければと思います。引き続きよろしくお願いいたします!(全員拍手)

<了>