エンジニアの生き様をウォッチするメディア

エンジニアがフリーランスで成功するための基礎知識を徹底紹介

ITエンジニアであれば、フリーランスになることで年収が増えたというような話をよく耳にしたことはありませんか?好きな場所で自分のペースで思うように仕事を進められるフリーランス。会社勤めによる通勤や組織での働き方から開放されて、自由になれることが魅力のひとつです。

ここでは、エンジニアにとってフリーランスという働き方がどのようなものなのか、そのメリットとデメリット、実際の給与、仕事内容について解説をしていきます。

フリーランスエンジニアの働き方事情

フリーランスでエンジニアとして働く環境はどのような状況にあるのでしょうか。最近のフリーランスエンジニアの市場動向について紹介していきます。

エンジニアは売り手市場でフリーランスの仕事も多い

現在は業種を問わずITが社会に浸透したこともあり、エンジニアがフリーランスになってもさまざまな分野で仕事がある状態にはあります。

むしろ業界ではエンジニアが不足していて、2030年には最低40万人最大80万人も不足すると予測されているのです。

[【参考】IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果(P.7)※経済産業省]

またフリーランスエンジニアを支援する仲介事業者やサービスも増えているのでフリーランスで仕事を獲得するハードルも低くなっています。

フリーランスエンジニアになるには経験が必要

フリーランスになるとエンジニアとしての業務に集中できる会社勤めとは変わり、売り込みからプランニング、進行管理、検品までを基本的に一人でやることになります。加えて、請求などの事務処理から確定申告のような税務処理も必要になってきます。

技術さえあればすぐにでも独り立ちしたいと思う人も多いようですが、ある程度営業や経営のノウハウも身に付けておかないとフリーランスで仕事を続けることは難しくなります。最近では仕事を紹介してくれるサービスやエージェントが事務処理代行を行うサービスも出てきているのである程度は軽減できるかもしれません。しかし、少なくとも経営の知識を身に付けないと独立は困難です。

つまり、未経験者がいきなりフリーランスエンジニアで成功するのは難しい状況ということです。フリーランスエンジニアは技術やスキルだけではなく、実務経験を積んで、マネジメントができるまでの能力を身に付ける必要があります

フリーランスエンジニアに在宅の仕事は少ない

フリーランスのエンジニアに依頼される案件は様々ですが、在宅のみで対応できる仕事は多くありません。副業としての在宅によるWEBエンジニアリング案件は副業サイトなどを探せばたくさん見つかります。しかし、求められるスキルが低く、単価も低い場合が多いです。一見在宅でも仕事をできそうですが、会社勤めでの仕事以上の収入を得ようとすると、複数案件を同時に抱えながら進行管理をしていく必要があり、かなりのストレスになります。在宅の仕事のみの受託で会社員より多くの収入を得るというのは、かなり難しいということは覚えておきましょう。

一方で技術力を生かした高収入の案件となると希望者も多くなり、自身のスキルとコミュニケーション力がないと受注が難しくなります。案件自体は豊富なので、自身で開拓していくか、よいエージェントに登録して条件にあった案件を探すことから始めましょう。

フリーランスになったばかりの頃は実績を積んでいくことが今後の仕事の幅に影響します。独立直後は在宅ということにこだわらずに多くの案件をトラブルなくこなしていきましょう。こうして実績を積むことで顧客を増やし、信頼関係の構築から保守へと徐々に移行していくと在宅での継続案件が取りやすくなります。

50代を超えてもフリーランスエンジニアは可能なのか

エンジニアとしては会社の業務を一通り経験を積んで、50代を超えてフリーランスになるという人もみられます。業界としては高い年齢での独立は可能なのか実情をみていきましょう。

実際に50代でも活躍するフリーランスエンジニアは多い

フリーランスエンジニアは2017年から2019年6月までに1.6倍増加しています。年齢を重ねたからこそ得られる、幅広い知識や経験、技術を必要とされる場合があるので、50代でもフリーランスエンジニアとして活躍している人はたくさんいます。年齢や学歴よりもスキルや経験が重要視されるエンジニア業界では、エンジニアとしての技術はもちろん、人やプロジェクトの管理能力が必要とされる仕事などに際して、結果的にキャリアを積んできた高年齢層が重宝されるということが多々あるからです。

逆に20〜30代の経験の少ないエンジニアの需要は少ない傾向があります。技術力はあっても経営力やマネジメント力が乏しかったり、会社勤めに不満があるというだけでフリーランスになった場合は、組織が負担してくれていた雑務を自分で処理するストレスから再び会社勤めに戻るケースも多く見られます。

流行の移り変わりや技術革新が早いIT業界において、自ら切磋琢磨し、技術力を高めながら経営を続けていけるのであれば、年齢はあまり関係ありません。技術力が求められる業種なので、フリーランスとしては向いている業界です。

ただし年齢制限のある仕事もある

エージェントを介して案件を紹介される場合「50歳くらいまで」というような年齢制限が設けられている場合もあります。年齢が上がると、クライアントの担当者と年齢が離れ過ぎてコミュニケーションを取りにくいと判断される場合や、プライドが高く指示通りにやってくれないのでは、熱量が足りないのではと敬遠されることもあります。

これらは先入観やクライアントの過去の経験をもとに懸念されることも多く、エージェントとの信頼関係を構築したり、実績やコミュニケーションを重ねることで回避できることもあります。

ただし、管理業務を避けてエンジニア業務に集中したいという思いでフリーランスエンジニアになろうと考えるのであれば、少し注意が必要です。フリーランスで働くためには、マネジメント力が欠かせません。特にセルフマネジメントは、納期通りに仕事を進めたり、スキルアップのために新しい知識を習得したりするためにとても重要です。

年齢が上がるにつれ会社からチームのマネジメントを任されることも増え、それが嫌でフリーランスになることを検討する人がいます。しかし、技術力だけで50代以降の人生を生きていくのは至難の業です。クライアントの担当者との年齢差に開きがあるほどクライアントの不安要素になってしまいます。案件を確保する上では技術力に加えて提案力や、コスト管理能力などクライアントに総合的なアプローチができることが重要となってきます。

エンジニアがフリーランスで働くメリットとデメリット

ここでは、フリーランスのエンジニアとして働くことで得られるメリットとデメリットについて様々な角度から見ていきましょう。

エンジニアがフリーランスで働くメリット

まずはフリーランスでエンジニアが働くメリットを紹介していきます。具体的なメリットを知ることで、フリーランスになったあとの状況がより明確にイメージできるようになります。

自由な働き方ができる

フリーランスの最大のメリットとは、時間や場所にとらわれず、自分の希望に合わせた条件で仕事を選ぶことができる点です。会社組織間の調整や上司とのやり取り、営業からの無理な変更などにも振り回されることなく仕事ができます。

また、働く時間を自身で調整できるというのは子育てや介護などをしている人にもとても便利です。時間の融通が利きやすく、家族の急な体調不良などにもある程度対応できるのはフリーランスならではのメリットです。

さらに、大都市圏では通勤電車に大きなストレスを感じている人もたくさんいます。在宅での仕事なら通勤電車からも開放され、通勤が必要な場合でもクライアントと相談して通勤時間を調整できることもあります。

自分で仕事を選ぶことができる

会社員であれば会社の指示に従う必要があり、ときには気が進まない仕事にぶつかることもあるのではないでしょうか?しかし、フリーランスの場合は自分で好きな仕事を選ぶことができます

仕事の内容はもちろんのこと、職務範囲、勤務地、報酬なども自分で納得のいくまで探すことができるのはフリーランスならではのメリットです。得意分野の案件を集中的に行うことで効率をあげ、収入面アップにつなげたというエンジニアも少なくありません。

仕事に関わることは経費を使える

フリーランスというのは個人事業主に該当します。そのため、基本的には仕事に関わることは経費として処理ができます。経費として処理するということは確定申告の際に売上を抑えることができ、手元に残るお金を増やすことができます。

会社員であれば技術本購入やセミナー、勉強会など参加費においては、会社のサポートがない限りは自身での出費になります。しかし個人事業主になればこれも経費として処理することができるので、負担が少なく技術の向上を目指せます。

年収が増える可能性が高い

会社員のエンジニアとフリーランスのエンジニアの年収を比較すると、フリーランスエンジニアの方が年収が高い傾向があります。実際に、年収が1,000万円を超えるフリーランスエンジニアもいます。

年収額は年齢だけはなくスキルに比例しやすく、いかに好条件の案件を受注して実績を積み上げていけるかというのが年収の増加に大きな影響を与えます。

面倒な人間関係がない

人間関係のストレスというのは社会生活の中でとても大きな問題です。会社組織に属するがゆえの人間関係に悩み、体調を崩してしまう人もいます。この点フリーランスなら、基本的には個人で仕事を任されることになるので、日常的な人間関係による煩わしさが軽減されます

とはいえ、エージェントやクライアントとのコミュニケーションは重要です。会社員でもフリーランスでも、仕事をする以上人間関係を無くすことはできません。それでも会社独自のコミュニケーション文化や上下関係に悩むことなく、自分の能力で勝負していくことができます。

定年退職がなく年齢に関係なく収入を維持できる

フリーランスエンジニアはクライアントが求めるスキルを持っている限り、いくつになっても働くことができます。保守メンテナンスなどの分野では特に、古いシステムを使い続けていきたいクライアントもいるので、古い技術を知らない若い世代に対抗していく狙い目でもあります。

会社員は優秀な人でも退職年齢になったら退職しなくてはいけません。また再雇用制度を利用しても給与が少なくなってしまうことがあります。それに比べてフリーランスの場合は年齢に関係なく収入を維持しやすい傾向があります。

また、社会の多様化に伴い、働き方も定年まで働くという意識が薄れつつあります。会社のM&Aや業績不振のように経営自体にも波があり、一社で継続的に働くことが必ずしも安定への近道とは言い切れないことが増えてきました。自身の能力をどのように活かして収入につなげていくかというのは、高齢化が進む日本社会を生き抜くためにはとても重要です。

エンジニアがフリーランスで働くデメリット

ここからはフリーランスエンジニアとして働く上でのデメリットについて紹介していきます。デメリットを理解しておけば独立する前に対策を立てたり、実際にトラブルに直面したときに落ち着いて対処できたりするはずです。もちろん、自分では気づかなかったデメリットを知り、もう一度働き方をじっくり考えるというのも良いことです。

スキルアップの環境を自ら構築する必要がある

フリーランスエンジニアはこれまで経験したことを基礎にして仕事を受けていくため、得意な案件ばかりを受ける傾向があります。そのためスキルアップが難しくなっていきがちです

自由に仕事ができる分不得意な仕事は断ってしまうので、仕事の幅が広がりにくく新しい仕事に挑戦しなくなってしまう人が多いです。

しかしIT技術は日々進歩と変化を続けています。常に向上心をもって新しいことに取り組んでいく人のほうが、積極的に新しい仕事を受注できます。フリーランスでは自分のできる範囲で得意な案件ばかり行っていると、収入や受注量が先細りになっていく可能性が高いです。

不景気になると一番初めに打撃を受ける

現在は景気が緩やかに向上し、エンジニア不足で外注案件が増加しています。しかし景気が大きく後退して業界全体が不況になると真っ先に切られるのはフリーランスです

もちろん会社員だからといって長期的な雇用が保証されている時代ではなくなってきました。しかし、会社員であれば退職の必要性をある程度前に知らされるため転職の準備ができたり、退職金など一定の保証があったりというケースが多いです。

自由を手に入れる代わりに、保証が何もないのがフリーランスの怖いところでもあります。日々新しい技術や知識を習得しておくこと、会社員以上に貯蓄などの「備え」を手厚くしておくことを心がけましょう。

自身で仕事を探す必要がある

当然のことですが、フリーランスの場合は自身で案件を探して受注することになります。これまでのように、営業がとってきた案件を締め切りまでにこなしていくという感覚ではフリーランスとして長く活躍することはできません。

自分の案件の契約終了を見越して次の案件を探すようにしないと、安定的な収入が得られません。契約終了後のメンテナンス管理まで受けられると良いですが、基本的にはこれまでの人脈やエージェントを介して、常に仕事を探続ける必要があります。

また仕事を受注している間も、良い案件がないか、開始時期の交渉ができないか、常にアンテナを張りめぐらせておきましょう。クライアントから別のクライアントを紹介されたりコネクションによる案件受注もしやすかったりする業界なので、フットワークは軽く、積極的にコミュニケーションの幅を広げ、常に誠実に仕事に向き合って信頼を築いていきましょう。

収入が不安定になる

当然のことながら、会社員は毎月一定の給与が入ってきますが、フリーランスになると固定収入ではないのが一般的です。また、突然のアクシデントによって収入の大半を占めていた案件がなくなったり、クライアントが未払いのまま倒産するなどのトラブルもあります。

ただしエンジニアは人材の供給が追いついていない職種なので、スキルを磨き続ければ安定的に収入を得られる可能性が比較的高いという側面もあります。大型案件を受注できたからと安心するのではなく、常に複数の案件を回して余裕を持った収入を得られるよう仕事を調整すること、常に現状より仕事の幅を広げるための勉強をし続けることがポイントです。

自身で事務作業を行う必要がある

見積もりや請求、顧客対応などこれまで会社員なら経理部や営業部がやってきた仕事もすべて自分自身でやる必要があります。加えて、税金や年金、健康保険などの手続きや支払いなども自身で行うことになるので、独立前にはそれらの知識を学んでおくことが重要です。

フリーランスになれば自身でクライアントに請求書の作成送付を行ったり、会社の経費の精算をしたりと、事務作業が増えます。もちろんエージェントのオプションサービスを利用する、外部の事務サービスを利用するといった方法でアウトソーシングを行うことも可能です。しかし経費がかかるので、独立した直後は安定した収入の目処がつくまで自身でやる覚悟が必要です。

社会的信用が低くなる

個人事業主であるフリーランスになりたては自身での収入や仕事の実績もなく、社会的信用を証明するものがありません。社会的信用が低くなると金融機関でローンを組むのが難しく、クレジットカードも作成しにくくなります。

フリーランスエンジニアになる前に、銀行口座の貯金の実績を作ったり、クレジットカードを用意しておいたりするのがおすすめです。また、ローンも組みにくくなるので、住宅や車のように高額品のローン購入を考えているのであれば、フリーランスになる前に購入しておきましょう。

エンジニアがフリーランスで活躍するために必要なこと

ここからは会社員であるエンジニアがフリーランスになるにあたって必要な準備について紹介していきます。

難易度の高い資格を保有する

フリーランスになりたての場合、あくまでも会社の一員として作ってきた実績しかなく、個人で請け負った仕事の実績としては提示できるものがありません。そこで重要になるのが難易度の高い資格を保有しているかどうかです。

推奨できる資格内容
情報処理安全確保支援士サイバーセキュリティリスクを分析・評価し、組織の事業、サービス及び情報システムの安全を確保するための知識を習得
ネットワークスペシャリストネットワークの固有技術からサービス動向まで幅広く精通し、目的に適合した大規模かつ堅牢なネットワークシステムを構築し運用できる知識を習得
データベーススペシャリスト企業活動を支える膨大なデータ群を管理し、パフォーマンスの高いデータベースシステムを構築して、顧客のビジネスに活用できるデータ分析基盤を提供する知識を習得
プロジェクトマネージャプロジェクト全体の意思決定を実行し、品質・コスト・納期に全責任をもち、前提・制約の中でプロジェクトを確実に成功に導き、プロジェクトメンバーを成長させる知識を習得
基本情報技術者試験基本戦略立案又はITソリューション・製品・サービスを実現する業務に従事し、上位者の指導の下で、情報技術を活用した戦略立案に参加したり、信頼性・生産性の高いシステムを構築する知識を習得
システムアーキテクト試験システム開発の上流工程を主導する立場で、豊富な業務知識に基づいて的確な分析を行い、業務ニーズに適した情報システムのグランドデザインを設計し完成に導く知識を習得

取引相手が必ずしもITに詳しいとは限らないため、名前が知れていて、分かりやすい資格があったほうが仕事が入りやすいです。エージェントからも案件を紹介してもらいやすくなります。資格はある程度難易度の高い、国家資格を保有しておくことがベストです。

エンジニア以外の知識や能力も身につける

フリーランスになるには個人事業主となることを意識して、IT関連以外の知識や能力も身に付ける必要があります。ここでは必要となる知識や能力を紹介していきます。

積極的なコミュニケーション能力

フリーランスエンジニアは技術面でたくさんの専門知識が必要です。加えて個人事業主として仕事を取るためには営業力やコミュニケーション能力が不可欠です。会社勤めの人間関係に疲れてフリーランスになろうと考えている場合は、フリーランスになったからといって人とのコミュニケーションが不要になるわけではないことを忘れずに、もう一度じっくり考えてみましょう。フリーランスになるのではなく転職も併せて検討したり、フリーランスで成功している人にコミュニケーションで気をつけていることを聞いてみたりしましょう。

コミュニケーション能力は交渉力にもつながり、コミュニケーション能力があると仕事の条件交渉もうまくいきやすいものです。

お金に関する知識

これまでにも触れてきたように、経費の計算や確定申告の対応などお金に関する知識も必要です。また、お金の知識がないとクライアントとトラブルになったり、納得のいかない条件で仕事を受けることになったりする可能性もあります。自分の身を守るためにも、お金の知識は必要です。個人事業主向けの書籍やセミナーなどがあるので積極的に参加してください。

自己管理能力

フリーランスは自由なだけに自己管理能力が収入に直接的に影響します。期限や約束を守らないとクライアントと信頼関係を築けず仕事がなくなってしまうこともあります。

またスケジュールだけではなく、もちろん健康管理にもこれまで以上に注意が必要になります。フリーランスエンジニアは有給や決まった休みがないので、安定した収入を得ようとして休み無く仕事を詰め込んでしまう人がいます。しかし、体調を崩して稼働時間が減ると、ダイレクトに収入の減少につながってしまいます。

適度な休みを入れつつ、仕事とプライベートのメリハリをつけられるよう自分自身で管理していきましょう。

仕事を確保する方法を準備する

フリーランスエンジニアになるためには、まず確実なクライアントを確保しておくことが大切です。フリーランスになって信用のない状態から用意をはじめると、思ったように仕事を得られず最初から躓いてしまう原因になります。

会社員時代の人脈がフリーランスになってから生きてくることもあります。また、フリーランスエンジニアに案件を紹介するエージェントサービスも活用するなど、営業のチャネルもいくつか用意しましょう。

たとえばエージェントのForkwellなら、独自の基準による厳選した企業のみが登録されていて、企業から届くスカウトには、企業があなたのどの部分に興味を持っているのかが表示されます。今すぐ転職を考えていなくても、他社のエンジニアや人事と繋がることで、自身のキャリアを考えるきっかけになります。

フリーランスになる前に、副業サイトやエージェントなどの登録をして、副業として何件か受注すると力試しになります。ただし、会社の副業規定を確認して問題のない範囲内で進めるようにしましょう。

フリーランスのエンジニアはやりがいのある仕事

フリーランスになることで自由を獲得し、収入の向上も狙えます。なにより自身の能力を発揮して結果を実感できるやりがいのある仕事です。ただし、自由になる分責任も伴ってきます。

安易に現在の仕事が合ってないからフリーランスになろうと考えるのではなく、自分がどうしたいのかよく考えて、フリーランスになるのか、転職するのか、それとも今の会社に残るのかを決めましょう。

フリーランスになると決めたら準備を進め、独立後も順調に仕事ができる環境を整えることが重要です。デメリットであげた部分は、対策を講じることで解消できるものが多いので準備期間に自分にとって弱い部分を無くしていくことが成功への道です。

需要のあるエンジニアの仕事だけにフリーランスになるメリットはたくさんあります。フリーランスになってから困らないように事前の準備と目標を立てて取り組みましょう。