エンジニアの生き様をウォッチするメディア

Pythonの副業で収入を得る方法と必要なスキルを徹底解説

近年注目を集めているプログラミング言語のPythonは、多くのプログラミング言語ランキングの上位に入る人気の言語です。

教育やWeb開発、AIなどをはじめとした幅広い分野で使われるようになってきたため、Pythonを使ったプログラミングを副業として始めている方も増えました。

そこで今回は、自分のプログラミングスキルを活かしたい方必見の、Pythonを使った副業を始める方法や副業としての収入の相場などを解説します。

Python副業で収入を得るために重要となる案件の選び方も詳しく説明しますので、副業を始めたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

Python副業の相場

各分野から注目を集めているPythonですが、副業として仕事を請け負うとどのくらいの収入が得られるのでしょうか。

ここでは、Pythonを副業としたときの時給や収入の相場を見ていきましょう。

平均時給3,000円だがスキルによって前後する

Pythonを使ったプログラミング案件の平均時給は3,000円ほどです。

しかし、これはあくまで平均額のため、スキルや業務経験によって時給は変動することが多いと覚えておきましょう。

たとえば、ゲーム系の開発、データ分析、WEBアプリケーションの開発におけるPythonを使った実務経験があると、相場よりも報酬が高額の案件を受注できます。

エンジニアとしてのスキルが高く、またPythonを使っての実務経験がある方の中には、時給換算すると5,000円以上になる案件を受けている方もたくさんいます。

自分のエンジニアとしてのスキルや経験をしっかりと企業にアピールできれば、高単価の案件を頻繁に受注することも夢ではありません。Python副業は数ある副業の中でも平均時給が高めのため、効率よく稼ぎたいエンジニアやプログラマーの方に非常におすすめです。

Python副業初心者でも月に10万円以上稼げる

Pythonの副業は効率よく稼げないという人もいますが、実際には条件を満たせば副業初心者でも月に10万円以上稼ぐことは十分可能です。

Pythonを使った副業で稼いでいる人は、大企業でプログラマーとして働いていたり、別のエンジニア開発などのスキルをもっていたりする傾向があります。

これは、エンジニアとしての全体のスキルが高ければ、初心者でもPythonを使った高単価な案件を委託される可能性が高いということです。

特にフロントエンドやバックエンドといったエンジニアリングのスキルを持っていると、案件の時給単価を交渉しやすくなるため、Python副業で稼ぎやすくなるようです。そのため、エンジニアとしてのバックグラウンドをしっかりアピールしながら副業を探すのがおすすめです。

また、Pythonを使った副業の経験を積んでいき、求人に出回っていない高単価の案件を委託してもらえれば、より効率よく収入に繋がる可能性が高くなります。副業としてPythonを使った案件を受注して経験を重ね、高単価の案件を定期的に受けられるようになれば、フリーランスエンジニアとしての成功に近づいていきます。

Pythonの主な副業案件

案件を選べばPythonでの副業は収入を得やすいと解説していきましたが、実際にはどんな案件が市場に出回っているのでしょうか。

ここでは、Python副業として求人がよく出ている主な案件を見ていきましょう。

データサイエンティスト

高単価の求人が多く出ているのが、データサイエンス分野の案件です。

この分野の案件は、求人市場にはあまり公開されていないことが多いですが、その分単価は高くなっているため、見つけたら応募してみるのがおすすめです。

しかし、データサイエンス系の案件はクラウドソーシングなどの総合求人サイトではまず見ないため、エンジニア専門エージェントなどで探す必要があるでしょう。

エンジニア専門のエージェントでも取り扱っている案件数は多くないため、副業を紹介してくれる専門エージェントとのコミュニケーションを密に取ることが大事になってきます。

Pythonのスキルが高く、エージェントとの密なコミュニケーションが取れれば、クローズドな案件を紹介してもらえる可能性が高くなるはずです。

機械学習

近年の人工知能に発達により、より需要が高まっている機械学習の案件も、Python副業としての案件が多いです。

機械学習の案件は、SQLの活用経験などが求められることが多いため、経験者であれば案件を委託されやすくなります。

また、案件によっては、機械学習だけでなく統計学を学んだ経験がある方も優遇されやすいようです。

機械学習は専門性が高い分野のため、案件を引き受けるライバルが少ないという特徴があります。

これは、経験があれば高単価の案件を受注できる可能性が高いということでもあるので、稼ぎやすいPython副業を探している方におすすめの分野です。

なお、機械学習分野の案件は専門性が高いため、エンジニア専門の副業エージェントなどで案件を探す必要があるでしょう。

AI分野の開発

Python副業の案件の中でも、近年特に需要が高くなっているのが、AI分野の開発です。

AI分野の開発は副業市場の中でもかなり需要が高いため、Python副業の中でもトータルの案件数が多くなっているという特徴があります。

AIエンジニアとしての経験があれば、副業だけでもかなり稼げる分野のため、稼げるPython副業を受注したい方には特におすすめです。

また、圧倒的に案件数が多いため、Pythonで副業だけでなく業務委託やフリーランスとして働きたい方にも、AI分野の案件はぴったりです。

案件数の多さから、一つ一つの案件の単価は大幅に変動するため、自分のスキルの高さや平均的な単価を参考にしながら、適切な単価で受注できるように交渉しましょう。

Pythonの副業案件を獲得するための方法

様々な分野の案件があるPython副業ですが、副業初心者の方が独力で案件を獲得していくのはとても難しいです。

ここでは、Pythonの副業案件を獲得するためのおすすめの方法を紹介します。

友人からの紹介

エンジニアやプログラマーとして働いている方におすすめなのが、同じ業界の友人からの紹介で副業案件を獲得する方法です。

スタートアップ企業などで成長段階の場合は、リファラルで紹介されるケースが多いようです。

そのため、独立して起業した友人や知り合いが居るのであれば、Pythonを使った案件を業務委託していないか確認してみるのがおすすめです。

しかし、友人や知り合いだからといっていつも請け負っている仕事よりも安い金額で受けてしまうと、副業として成り立たなくなってしまう可能性が高いため注意です。

特に長期的に業務を委託してもらえるのであれば、時給は非常に重要になってきます。

知り合い経由で獲得した案件だったとしても、しっかりと時給や報酬の交渉をして、最低でも平均的な時給を確保できるようにしましょう。

エンジニア専門の副業エージェントを利用する

定期的に仕事を獲得していきたい方におすすめなのが、エンジニア専門の副業エージェントを利用する方法です。

副業エージェントにはたくさんの企業から案件が集まっているため、一度登録してしまえば定期的に仕事を紹介してもらえる可能性が高いです。

なお、総合的なクラウドソーシングよりも、エンジニア専門の案件を扱っているエージェントのほうが専門性の高い案件を委託していることが多いため、単価が高い案件を探しやすくなります。

基本情報を入力するだけで簡単にメンバー登録できるエージェントも多いため、興味がある方は一度どんな案件を掲載しているのかチェックしてみましょう。たとえば「クラウドテック」や「レバテック」、「Midworks」などのエンジニア専門エージェントを利用しているPython副業ワーカーは多いようです。

特におすすめなのはForkwellです。業務委託案件として副業の案件も多数紹介しています。ITとWebエンジニアに特化しているエージェントのため、プログラミング言語やテーマ、所属エンジニアなどから求人を探すことができるため、希望にあった案件が見つけやすいのが特徴です。

副業エージェントから好条件の案件をもらうコツとしては、エンジニアとしてのスキルだけでなく、コミュニケーション能力もエージェントにアピールしていくことです。これは、業務を委託している企業やエージェントの中には、相談をしながら仕事を進めていけるように、コミュニケーション能力を重視しているところも多いからです。

Python副業で収入を得たいのであれば、自分のスキルとコミュニケーション能力をアピールしながら、エンジニア専門のエージェントを活用していきましょう。

総合求人サイトで探す

副業なども取り扱う総合求人サイトで探すのも方法の一つです。

中でも多くの副業または業務委託案件の求人を掲載している「Wantedly」で、Pythonを使った案件を探すのがおすすめの方法です。

Wantedlyはスキルを踏まえた採用も多いですが、企業の理念に共感できるかという点を重視した「共感型採用」で人を募集している企業も多いのが特徴です。

そのため、経験やスキルはある程度でも、企業が探している人物像に合えば好条件の案件を依頼してくれる企業が多い傾向にあるため、Pythonを使った副業初心者におすすめな求人サイトです。

また、Wantedlyでは、仕事の分野や技術系キーワード、プログラミング言語などのカテゴリから仕事を探せるため、自分の希望やスキルに合った仕事を探しやすくなっています。

Python副業の案件を探す際には、プログラミング言語のPythonカテゴリをチェックしましょう。

Pythonで副業をするときに注意すること

人気が増えてきているPython副業ですが、副業としてお金を稼ぐためには、業務を請け負う際に気をつけてておきたい点があります。

ここでは、Python副業で稼ぐために注意しておきたいポイントを見ていきましょう。

ある程度スキルがある場合は単価交渉を妥協しない

Pythonを使うスキルやエンジニアとしての経験が一定レベルあるのであれば、案件の単価交渉は絶対に妥協しないようにしましょう。

Pythonのスキルはあるのに、副業として請け負うのは初めてだからという理由で単価を安売りしてしまうと、非常にもったいないです。

一度安い単価で受注してしまうと、そこから長期の業務委託になった場合、仕事量における報酬が見合わないということにもなりかねません。

また、安く請け負ってしまうと仕事量を増やさないといけなくなるため、本業がおろそかになってしまう可能性もあります。

メインの仕事とは別に副業としてPython案件を受注していくのであれば、効率よく稼げるようにある程度の単価をキープするため、単価の交渉を上手くしていくのが大事です。

平均的な単価が分からないから交渉がしにくいという状況にならないように、副業を本格的に探す前に、様々なエージェントやクラウドソーシングで平均的な単価を調べておきましょう。

ある程度の相場やニーズが分かっていれば、単価の交渉がしやすくなるはずです。

クラウドソーシングは低単価案件が多いのでおすすめできない

Python副業を探していると、「クラウドソーシングで案件を探すのがおすすめ」とよく見るのではないでしょうか。

しかし、実はクラウドソーシングでは低単価案件が多いため、Python副業者にとってはあまりおすすめできません。

クラウドソーシングは副業を気軽に始めやすいというメリットもありますが、その分企業としてはたくさんの希望者の中から業務委託する人物を選べるため、低単価で提案してくる企業が多い傾向にあります。

副業のペースに慣れるまでは、クラウドソーシングで簡単な案件を受注するのもよいかもしれませんが、高い単価の案件を見つけにくいため、副業としては効率が悪いことが多いです。

そのため、Pythonを使った業務受注を副業として始めたいのであれば、エンジニア専門のエージェントなどから高単価の案件を紹介してもらえるようにした方よいでしょう。

副業で稼ぎたいのであれば、高単価の案件で効率よく稼げるかを頭に置きながら、案件を探すようにするのが重要です。

本業に支障が出ない程度でまずは慣れる

Python副業の基本知識を解説してきましたが、副業を始めるうえで一番重要なことは、「本業あっての副業」という意識を常に持っておくことです。

仕事量を増やしすぎてしまい、本業がおろそかになってしまうと、本末転倒です。

単価がよいからといってたくさん案件を引き受けてしまうと、土日などの本業がない時間内にさばききれない可能性も十分あります。

本業とのバランスを気にしながら、副業の仕事量を調整していくように気を付けましょう。

副業を始めてすぐにたくさん案件を受注してしまうとバランスが取りにくいため、まずは支障は出ない程度の量から始めてみるのがおすすめです。

副業初心者の方は、初めは仕事量が少なめのPython案件をターゲットに探し始めましょう。

Pythonの副業はスキルと探し方を武器にする

Pythonの副業は、たくさんの企業から求人や業務委託が出ているため、初めての副業として始めるのにぴったりです。

プログラマーやエンジニアとしての経験があるのであれば、高単価の案件が見つかりやすいため、効率よく稼ぐことも十分可能です。

Pythonの副業は低単価から高単価まで様々な案件が出ているため、自分のスキルと探し方を武器にしながら、高単価で効率よく稼げる案件を受注していくことが重要です。

今回紹介した内容を参考にしながら案件を探して、Python副業を始めてみてはいかがでしょうか。