エンジニアの生き様をウォッチするメディア

40代エンジニアが転職に成功するための準備やPR方法

エンジニアの仕事をしており、勤めている会社に不満があって転職したいとお悩みの40代の方に向けて、これから求職活動をするうえで、どういったことをするべきか、気を付けたほうがいいことは何か、などをご説明していきます。

40代のエンジニアが転職を成功させるための心構え

40代のエンジニアが転職活動をして、希望の会社にジョインできる可能性は十分にあります。当記事では、IT業界で40代エンジニアが転職を成功させるコツをご紹介します。求職活動をする際の参考にしてみてください。

40代エンジニアの転職事情

今の会社の条件よりもさらに良いところを探したいと考えている方は、40代で転職活動をすることをお勧めします。より良い賃金・環境のために就業先を変えたいと希望して失敗しないために、40代のエンジニアが新しい企業を選ぶポイントや準備の仕方などを、これから詳しく記していきます。

IT業界は人材不足

少子高齢化の現在は、IT企業でも人材不足になっています。せっかく人を採用しても辞めることも多く、人手が足りない状態は続いています。

人手が足りないために経験者を希望する会社が多く、募集する年齢の幅を広げてもいることから、40歳を過ぎてからの転職に成功する人も増えてきています。

40代は転職のチャンス

「転職して大丈夫だろうか」と思っている40代エンジニアの方も、少なくないかもしれません。しかし、この何年かでエンジニアの求人募集の年齢の上限は広くなっています。

若い年齢層と比較すると40歳を過ぎている人材の求人数は少なくなりますが、スキルがある経験者を採用する確率は高くなります。

未経験者でもマネジメント経験があれば可能

エンジニアの経験がある方は優遇されると先ほど言いましたが、マネジメント経験が豊富であればプログラミングの経験がなくても転職できることがあります。

40代エンジニアの求人例

実際のエンジニアの求人案件を3つ例にあげていきます。あなたの希望している求人に合ったものを探して、参考にして下さい。

求人例1:ITエンジニア

募集職種:ITエンジニア条件:エンジニア経験者(システム開発系、制御系、組込系、業務システム系、パッケージ開発、最先端技術などいずれも可)給与:月給30万~50万あると良い知識: C、C#、C++、Ruby、Python、Java、PHPなど

経験があったら年齢も学歴も関係がないという求人は、よく見かけます。しかし、書類審査が通らず面接までいかない場合があります。

それは、システム開発の知識や資格が必要になるからです。資格だけではなく40代での経験を活かしたビジネススキルなど、積極的にアピールしてみましょう。

求人例2:専門商社でのITエンジニア/社内SE

募集職種:ITエンジニア/社内SE業務内容:情報システムの要件定義~開発・保守、システムインフラの構築や維持条件:20~40代、経験年数・業界不問給与:月給20万2000円~33万9400円あると良い経験: システム開発の経験、システムインフラの担当経験

エンジニア未経験で採用される場合、経験者優遇の求人よりも給料が安くなる場合が多いです。

求人例3:PM/PL/SE

募集職種:PM/PL/SE業務内容:業務システム開発、アプリ開発、インフラ構築など条件:職種未経験でもIT業務経験があればOK給与:PM経験があれば前職給与+最低5万円を保証あると良い経験: 基本情報、応用情報、CCNAなどのIT関連資格

未経験者、経験者問わず、幅広く募集しています。実務経験があればIT関係の資格などを重視しない場合もありますので、自信を持ってアピールにつなげましょう。

転職を成功させるためにすべき準備

仕事を探している、今勤めている企業に不満があって転職を考えている方のために、これからどういう活動をしたらいいのか、気を付けておきたいことなどを次に記しています。参考にして下さい。

転職をした方がいいのかよく考える

エンジニアが職場や仕事を変えたいと思う理由は、仕事がきつい、人間関係が上手くいかない、給料を上げたいなどが挙げられます。

転職をする前に、どうしたいのかよく考えてみて下さい。40歳を過ぎてからの求職は、ラストチャンスとも言えます。

よく検討してからの決断ならば、仕事を探すのも苦にはならないでしょう。

自身のキャリアの棚卸し

職場や仕事を変えたいと考えたとき、20代のときと違って40代になってからでは転職しにくいと思う方は多くいらっしゃるでしょう。

しかし、経験やキャリアを積んできた人材を欲しいと思っている企業も多く、採用される確率は高くなります。

IT業界のエンジニア経験者は、チームのリーダー的存在や資格などの知識を求められています。ご自身の経験やスキルをよく把握しておくと、面接で採用担当者によい印象を与えられるでしょう。

惹きつけられる職務経歴書づくり

まず、エンジニアの仕事をする上で役立つ資格は必ず記載します。ミドル層には、部下の教育、チームマネジメント経験があるか求められることが多いです。

もし気になっている企業が人員募集を行っていた場合、その企業がどういったスキルを持つ人を求めているか、確認をしてみましょう。

例えば「マネジメント人材を必要としている」状況でご自身がそのスキルを持っていれば、職務経歴書に明記しアピールすることで、企業側に興味を持ってもらえる確率は格段に上がります。

制作物の準備をする

転職する際に、企業側が求めている知識を確認したら、面接で直接伝えるだけでなく書類にまとめましょう。

あなたが今までに作成したものがあれば、ポートフォリオにまとめて、採用担当者に見てもらう方法もあります。

企業の研究

あなたが受けたい会社のこと、特にコーポレートサイトの概要は必ず見ておきましょう。

転職エージェントが多数あって、キャリアアドバイザーやコンサルタントに条件などを相談できるので、何社かリストして応募することができます。よく検討して下さい。

スキルアップを続ける

先ほど言った通りIT企業は、人手不足です。40歳を過ぎていても、転職できるチャンスはあります。

ITの技術は進化していきます。新しい技術を積極的に勉強していける人は、仕事を変えても大丈夫でしょう。

40代で転職を考えている人は、上級資格などを取得していくと成功すると言えます。

転職市場における自分の価値を知る

現在、勤めている会社に不満があったり、職場を変えたいと考えている方は、退職届を出す前に、転職サイトやエージェントに登録してみましょう。

会社を辞めてから求職活動をするのは、年収の面で懸念となるのでおすすめできません。新しい企業を探してから、前の職場がほうが良かったなどとならないために、自分の能力を見直してみたり情報を得ることも大切です。

平日は仕事が忙しくてなかなか動けない…という方は、面接を土曜日や日曜日にする企業もあるので、よく探してみましょう。

面接の対策と準備

40代の人でエンジニアになりたい、職場を変えたいと思っている人は、採用したいと面接担当者に思ってもらえるようにあらかじめ用意しておきましょう。

未経験、経験者、フリーで働きたいなどによって違ってきますが、40歳以上でエンジニアに転職したい方は、コミュニケーションの能力やIT関係の知識やスキル、特に、即戦力となる人材を求められます。

先の展望の見通しをする

40代の人の求職活動は、プランを立てていくことをお勧めします。これから、どういう方向に行きたいのか具体的に考えて作成しておきます。

採用担当者に、ご自分のキャリアプランを分かりやすく伝えられるようにしておくのも大切だと言えます。

転職エージェントの活用

転職をしてから新企業に勤めることになって、こんなはずではなかったと後悔しないためにも、インターネットを利用してサイトを活用しましょう。

職場を変えたい、仕事を探したい人のために転職エージェントがあります。自分に合った仕事や待遇などの相談に乗ってもらえたり、職場を見学できるよう希望を通してもらうこともできるので利用して下さい。

40代で転職がうまくいく人の特徴

40歳を過ぎてから転職をしたいと思っている人は、どのようにすれば採用されるでしょうか。次に必要になることをいくつか挙げています。順に見ていきましょう。

即戦力になれる人

企業はプログラミングの技術がある即戦力になれる人を求めていることが多いです。そのため、40代エンジニアの経験者で、IT企業を希望しているのなら、経験を積んできた実績、知識、スキルなど生かせるチャンスだと言えます。

ニーズに合わせた強みがある

40歳過ぎで転職をしたいと考えている人は、マネジメントや要件定義、設計フェーズの経験があれば自己アピールしましょう。強みをアピールすることでいい印象に繋がります。

採用ニーズに合った高い技術を持っている、自分の強みがある人は成功すると言えます。

自分自身のことを良く知っている人

仕事や職場を変えたいと考えているかたは、自分には、どういった知識があって、今後どういったことに生かしたいのか見直して下さい。

自分のことを客観的に見て、理解しているかどうかは、今後の求職活動に影響していきます。自身の強みをしっかりと理解してから、活動を始めましょう。

有名企業にこだわらない

転職をするために、必要になることを説明してきましたが、あなたの希望に合った条件の企業を探しましょう。

また募集をしている企業がごまんとあるのに、有名企業に執着することで求職活動が捗らない場合もあります。そのため、有名な会社に就職することに執着せずにご自分が働きやすい企業を選ぶことをお勧めします。

40代で転職がうまくいかない人の特徴

40代で転職をしたいと思っている方に、気を付けておいたほうがいいことをいくつか説明していきます。参考にして下さい。

転職回数が多い

今、働いている会社で不満があり職場を変えたいと思っていても、やめたほうが良いこともあります。

仕事が続かなくて短い期間で転職をしている人は、面接官にいい印象を持たれません。

仕事が変わる回数が多いことが、どういった理由なのかポジティブに話せるようにしましょう。そして、今後の働き方を採用担当者に、明確に伝えましょう。

辞めたい一心での転職 

現在、勤めている職場を辞めたいという一心で求職活動を進めていくと、冷静に自分のことを見つめ直すことができません。

次にどういったことができるか、何がやりたいのか決まらないまま転職をすると、自身の希望と全く合わない転職を果たすことになり、生活そのものに影響をおよぼすかもしれません。

転職をしたい理由をよく考えて、検討することをお勧めします。

40代エンジニアの転職活動は入念な準備が必要

40代で職場や仕事を変えたいと思っている方に、活動のポイントになることを紹介してきました。

まず、転職をしたいことをよく見直しましょう。ご自分のことを把握していないと、求職活動が上手くいかなくて、次に進むことに影響を与えかねません。

そして、職場が何回も変わったり、勤めている期間が短い人は、採用担当者に悪い印象を持たれる場合があります。

どういったことをやりたいのか、どうしていくのか決めましょう。そして、面接官にいい印象を持ってもらえるように、マネジメント経験や資格などを自己アピールに取り入れていくことが転職成功の近道です。