エンジニアの生き様をウォッチするメディア

PHPエンジニアの在宅仕事。必要なスキルや仕事を見つける方法は?

PHPエンジニアで在宅でするために必要なこと


現在PHPエンジニアとして働いている・過去にPHPエンジニアとして働いていた方が、今の技術を生かして在宅でのお仕事を探したいと考えた場合、どのような特徴や注意点があるかをまとめました。

在宅作業を考慮したときのPHPの仕事の特徴

PHPは求人数も、使える人も多いメジャーな技術です。そのため一般的な会社員の求人以外にも、派遣社員や業務委託など、多彩な働き方で募集されています。その中でも「在宅で働ける」ことを考慮した働き方についてご紹介します。

PHPはWebサービスの引き合いが多い

PHPはWebサービスでの案件が多く、一定の需要があります。しかし近年は特に大きいサービスでは、PHPから別の技術へのリプレイスが進んでいる面もあります。PHPよりも後発の技術の方が、大型の複雑なシステムを構築するのにメリットがある、と判断される場合があるためです。

とはいえ、既存サービスの保守運用や、改善などでは、依然としてPHPは多くの案件があります。

臨機応変に対応する必要がある

在宅可となっている案件でも、打ち合わせ等で現地に行く機会があることを前提にして、無理のない範囲での案件を探す方が安心です。在宅で完結する仕事もありますが、「絶対に出社はしない」というのは仕事の幅を狭めることになり、特にまだ在宅での実績がないうちにその条件を設定すると、コミュニケーションコストがかかると判断され、希望が通らない可能性があります。

臨機応変に、打ち合わせや現地での作業などを行えるようにすることで、案件獲得のチャンスも増やすことができます。

基本はチームで仕事を行う

Web開発は、多くの場合一人で行うのではなく、役割を分担し、複数人で進めます。チームでの仕事であると、一人だけが在宅という働き方が認められない場合もあります。

チームでの仕事の中でも、たとえば大型の開発であればあるほど関わる人は多く、共有事項や連絡事項も多くなります。その中で一人だけが在宅勤務を希望したとしても、希望が通りにくくなります。

また、その会社の自社のプロダクト開発ではなく受託開発の場合は、会社間の管理や契約によって、社外での業務が認められていないということもあります。利用必須のツールが社外からはアクセスができないなどの制限がかけられている場合もあり、そのようなプロジェクトでは在宅勤務が認められることは難しくなっています。

PHPエンジニアが在宅で仕事を得る方法

冒頭でも触れたとおり、PHPエンジニアは求人も開発人口も多いため、仕事探し自体にはそれほど困難がありません。

しかし「在宅可」は希望する人が多い割には相対的に求人数が少なく、PHPエンジニアが希望通りの仕事を見つけるのは難易度が高くなっています。

在宅勤務可の企業で働く

現在企業でエンジニアとして働いている場合は、まずは今いる企業で在宅勤務の制度がないかを確認してみましょう。在宅勤務制度は現在多くの企業での導入が進んでいます。

もし現状は制度がなかったとしても、特に在宅勤務を希望する理由が介護や育児・健康上の理由であれば、検討してもらうことも可能です。

出社日などが設定され、完全な在宅勤務にはならない場合もありますが、エンジニアとしても慣れた環境で働き続けられるのであれば、メリットは大きいのではないでしょうか。

フリーランスになって在宅で受注する

会社に属していない場合、フリーランスのエンジニアとして在宅で受注することもできます。業務委託という契約方式で、プロジェクトごとや期間ごとに仕事を発注する企業があります。

自分で案件を探し受注するため、会社員に比べると営業活動の大変さはありますが、自分の裁量が大きく、自分で仕事を選べるというメリットがあります。ただし、初心者のうちは自分の力量や案件の難易度を見誤ってトラブルになりがちなので、エンジニアとしての経験が浅いうちにフリーランスを選ぶことはおすすめしません。

在宅可の案件でも、最初の一定期間や、特定の曜日での出社が必要になる案件もあります。

[H4]副業として在宅の仕事を受注する

会社に勤務していても、副業可能な企業に勤めているのであれば、副業として在宅の仕事を受注することも可能です。

将来的にはフリーランスになることを考えている人も、まずは自分が副業として取り組める小さい・短期間の案件から始めていくことで、実績にすることができます。

PHPエンジニアが在宅案件の仕事を見つけるための方法

PHPを使った在宅のお仕事を探す方法を3つご紹介します。

クラウドソーシングを利用

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスを利用して案件を検索します。

PHPだけでなく、WordPressやCakePHPやLaravelなど、フレームワーク等の関係する単語で調べると、より自分の経験に合致した案件を探すことができます。

注意点は、単価を設定しているのが発注者で、必ずしも開発に詳しい人ばかりではないということです。


単価設定や要件定義がきちんとされていないものもあり、細かく条件を確認した上で受注しないとトラブルになることがあります。

・クラウドワークス

登録者数・案件数ともに多い、日本最大級のクラウドソーシング。PHP開発案件以外にもデザインやライティングなど多様な案件があり、副業として取り組める短期間案件も多く便利です。
案件数が豊富なため、まずは副業でも始めてみたい、という方が最初に案件を探してみるのにおすすめです。

ランサーズ
システム開発・Web開発など、開発の種類別に探すことができます。過去の案件の詳細なども閲覧できます。

クラウドワークスに比較すると利用者は少ないですが、報酬未払いなどのトラブルに手厚いサポート体制があり、フリーで働くことが初めてで不安がある人には特におすすめです。

人脈を利用して仕事を貰う

古典的でアナログですが、今まで関わりのある人、企業から仕事の斡旋を受けるというのも意外に重要です。

募集側は求人サービスなどを使用すれば仲介手数料やサービス利用料金などの費用がかかります。そのため、仲介業者がなく、直接受注することができれば、その分が結果的に報酬が高くなります。「フリーランスとして仕事を探している」ということを言って問題ない相手には、積極的に声をかけてみましょう。

ただし、紹介者との関係性によっては、条件に不満があっても言いにくくなってしまったり、条件に妥協してしまうことがあったりすることもあります。必ずしもメリットばかりではないので、受けるかどうかはきちんと検討してから返答しましょう。

在宅のPHPエンジニアに必要なスキル

今すぐフリーランスになる人だけでなく、いつかは在宅で仕事をするのが理想という人は、企業に勤めているうちに次のようなスキルをつけておくと役立ちます。

他言語のスキル

最低限覚えておきたい言語
HTMLCSSJavaScript

在宅での業務では、自分の専門外を完全に分業するというよりは、関係する領域についてはある程度自分で対応できる方が効率よく勧められます。


PHPはWebの動作(バックエンド)を開発していきますが、Web画面の見た目(フロントエンド)に関係する部分はHTMLやCSS、JavaScriptなどで作成します。簡単な文言の修正や、色の修正などはまとめて対応できる方が便利で、仕事の幅も広がります。また、フロントエンド以外ではデータベースの知識を深めると、より案件の幅が広がります。

アプリ開発

PHPだけではなく、他の知識がつくと、一人でWebアプリやWebサービスを作成し、公開することができます。


会社員として大きな開発に関わっていると、「このサービスのこの部分のこの機能」というような一部を開発することになることが多く、契約内容によってはポートフォリオに掲載できないものもあります。そのため、一人で全てを開発して見せられるものを持っている方が、営業や転職活動でアピールできます。

独学で学習した場合も、Webサービスを作ったりインターネット上で公開していたりすると、スキルをアピールしやすくなります。

ソースコードの解析

現在、多くのWebアプリではフレームワークが採用されています。

それらのフレームワークやCMSなどのソースコードの解析ができれば、数多く存在するPHPで作られたシステムに機能を足したり、欠陥を改善したりすることが可能になり、業務のニーズが高くなります。

業務で触れたことのあるものから、まずはメジャーなフレームワーク等の概要を理解しておくと良いでしょう。

マネジメントの経験

PHP開発を取り入れる企業は多く、またその中には、チームを率いるマネジメント能力を備えている人材がいない、という悩みを持つ企業も多く存在します。

会社員で、将来的にフリーランスを目指すという人は、「マネジメントがやりたくない、開発だけがやりたいからフリーランスになる」と考える人がいますが、その思考だけでは結果的にフリーランスになっても単価が上げられない・高単価案件が獲得できない可能性があります。

エンジニアとしてのスキルはもちろん、ビジネススキルやマネジメントスキルがあると高単価な案件にも関わることができます。会社員としてリーダーやマネジメントの機会があるならば、「やりたくないから」「いずれはフリーになるから」で避けるのではなく、積極的に経験として取り組んでみることを強くおすすめします。

在宅で得やすい狙い目のPHP案件

PHP案件で、特に在宅で働きやすい可能性が高い案件のポイントが2つあります。

スタートアップ企業の案件

スタートしたばかりの企業は、まだ制度が完全に決まっていないことも多く、早期にジョインしたメンバーに合わせて柔軟に対応してくれることがあります。

自分のスキルと、会社側のニーズがあえば、在宅可と条件を変更してもらえることがあります。


スタートアップ企業は、大企業や歴史が古い企業に比べると安定性や教育制度などは整っていないことが多いのですが、その分成果がきちんと出せれば、裁量を大きく認めてもらえます。また、開発的にも技術選定の部分から意見を求められたりすることもあり、やりがいを求める人向けです。

小規模企業の開発案件

小規模な企業で小規模な案件のWeb開発などであれば、関わる人も少ないため、一人で進められる作業も多く、在宅で進めやすい仕事です。

作業量も少ないため、単価は安めになりがちですが、経験が浅いうちは確実に自分で終わらせられる範囲の在宅案件として、中小企業のWebサイト運用や、WordPressの機能の追加などから始めるのもおすすめです。

PHPエンジニアが在宅業務を受注する際の注意点

PHPエンジニアとして企業で働いている経験があっても、在宅業務を受注する上では更に注意することがあります。

自己管理能力が求められる

当然のことながら、比較的自由な時間帯に仕事を進められるのが在宅業務の魅力です。

実際、時間や場所を問わない働き方を求めて在宅ワークやフリーランスを目指す人も多いです。

しかし、よほど細かい性格の人でない限り、出勤して働いている人と同じようにしっかり時間管理ができないことはとても多く、特に自宅では「ついつい家のことが気になって、仕事が思うように進まなかった」という人が少なくありません。


結局、在宅ワーカーでも時間を決めてカフェやコワーキングスペースなど他のスペースで仕事をする人も多くなっています。

また、在宅での業務では、急な病気などトラブルに対して、自分自身で決めて行動しなければなりません。トラブルは避けられないものと覚悟して、その時にどうすれば周りに影響を小さくできるか、フォローをどうお願いするかを事前に考えておきましょう。

エンジニア同士の情報交換がしにくくなる

在宅業務によって、会社で自然に得られたコミュニケーションがなくなることのデメリットはあまり知られていません。会社に勤めているのであれば複数のエンジニアを抱えていることが多いため、必然的にエンジニア同士のコミュニケーションが取れる環境にあります。しかし在宅業務ではエンジニア同士のコミュニケーションの機会が減少し、情報交換がしにくくなることでトレンドが見えなくなることもあります。


在宅やフリーランスになったことが終わりではなく、意識して新しい技術やトレンドを取り入れ、人とコミュニケーションを取るようにしていかないと、自分ができることばかりを繰り返し、進化がなくなってしまいます。


情報収集はネットだけではなく、積極的にセミナーなどに参加するようにすることをおすすめします。

成果を出し続ける必要がある

在宅の仕事では、途中経過が見えにくいため、成果以外で評価するのが難しくなっています。開発の業務では、成果を出すための時間以外にも、調査や検討などの時間が必要ですがその部分がただ「何もしていない」ように見えてしまうことがあります。一定の成果を出し続けないと、信頼感を失って、在宅での労働が認められなくなったり、クライアントから仕事が受注できなくなることもあります。

リスクヘッジできる契約内容にしておくか、意識してこまめに連絡をとることで業務の状況を報告すると良いでしょう。

PHPのフリーランス案件の需要

在宅の仕事はフリーランスのみではありませんが、フリーランスのほうが掲載情報が多いため、フリーランスでのPHPの需要を紹介します。

他の言語と比べてフリーランスの需要は多いほう

案件はJavaが最も需要が多いものの、次いでPHPの需要が多くなっています。どのようなサイトやエージェントでも「PHP案件がない」ということはまずありません。

ただし、在宅案件が多いわけではないため、在宅を希望すると競争率が高くなりがちです。

参考:PHPの需要は?PHPエンジニアの2019年の最新年収や求人のニーズを踏まえて徹底解説!

今後も需要はあるが供給も多い

Webサービスやアプリは今後も需要があるため、PHPエンジニアは今後も需要が伸びていくことは考えられます。しかし、習得しやすい言語でもあるのでエンジニアの数も多く、ただ「PHPだけができます」では有利な条件ではありません。

他のPHPエンジニアとの競争に勝つためのスキルをつけるために、トレンドや他の領域についても常に学習し続けることが大切です。

PHPは在宅でもできるが数は少ない

PHPでの在宅業務の働き方・探し方などをご紹介しました。

PHPは安定した需要がある言語ですが、一方で人口が多い上に学習コストが低いために、他の職種(たとえばWebデザイナーなど)でも部分的に対応できることもあり、「在宅」にこだわると、かなり安価な案件を多数で取り合うことになってしまうこともあります。

PHP以外のスキル(HTML等や、PMやディレクション能力も含め)を伸ばす、新しい言語を習得するなどのプラスアルファを身に着けていくことが、結果的に在宅で働くチャンスを増やすことになると思います。PHPだけではない自分の強みを伸ばすように考え、学び続けてください。