エンジニアの生き様をウォッチするメディア

エンジニアの今後のキャリアを考える~おすすめの転職ノウハウも紹介

30代以降のキャリア選択をどうするか

常に人材不足のIT業界では、エンジニアは引く手あまたの状態です。

しかし、IT技術の進化の加速や成果主義の浸透などの要因によって、30代以降のエンジニアの社内での労働環境も大きく変化しています。たとえば技術サイクルが年々短くなってきていることを感じることはありませんか?

エンジニアとして新しい環境で技術を磨きたい、自分の理想どおりの働き方を追求したいなどと考える人には、転職という選択肢もあります。

この記事では、中堅エンジニアとしてのキャリア選択について考えます。それに加えて、おすすめの転職ノウハウをご紹介します。

40・50代でもエンジニアとしてキャリアを積めるのか

これから年齢を重ねていくことを見据えて、どのようすれば40代・50代でもキャリアを積んでいくことができるでしょうか。

エンジニアとしての志向と不安

ソフトやネットワーク系の職種は管理職やプロジェクトマネージャー指向が強く、組織マネジメントを希望することが多いです。

一方、電気・電子・機械系職種は専門職志向が強く、エンジニアとしての強みを活かしてさらに専門的なスペシャリストとして活躍するケースが多くなります。

どちらの場合でも、30代になり昨今のIT技術の進化の速さを目の当たりにして、「いつかこのスピードについて行けず取り残されるのではないか」という考えが頭をよぎることもあるでしょう。

また、「40代、50代に生きがいを見つけられるか不安」という声や、「将来意欲的に仕事に取り組めるかわからない」という仕事へのモチベーション低下も起こります。

さらに、ある程度経験やスキルを培ってきたエンジニアとして「自分の技術や成果を会社が正当に評価していない」と感じ会社への不満や不信感につながってしまいます。

「転職」という言葉が頭をよぎったら

今の会社に疑問を感じたり、さらに新しい環境で自分のスキルを生かしたいと感じ、「転職」という言葉が頭をよぎったら少しでも早く行動に移すべきです。先送りにしてしまうとなにも行動しないまま年齢が上がり、企業から求められる期待が高くなる分転職のハードルがどんどん上がってしまいます。

実際の求人を見てみても「40歳まで」などと応募条件が決まっている場合もあります。もちろん、これはあくまでも表向きの目安であり、実際にスキルと条件が見合えば40歳以上でも採用してもらえる場合もあります。しかし、一定の年齢を超えると徐々に転職が狭き門となっていく傾向があるのも確かです。

企業は即戦力になる人材を求めているので、どんな資格を持っているかよりも実務スキルを重視しがちです。年齢が上がれば上がるほどエンジニアとしての成果や実績を求めます。そのため、キャリアアップや未経験の職種にチャレンジできるのは30代が目途と心得ましょう。

30代になってまだ転職については漠然としている、具体的なイメージがないという場合でも、まずは転職エージェントに登録しておきましょう。担当者と相談しながら、段階的に明確なビジョンを持てるようになり、自分の思い描く転職に近づくことができます。

転職後のイメージをもとう~転職のメリットは

まずは転職後のイメージを持つことが大切です。転職にはどんなメリットがあるか具体的に思い描いてみましょう。

キャリアアップできる

転職によって得られるメリットのひとつは、「キャリアアップできる」ことです。

入社して2~3年の若手ができる仕事を、中堅になっても続けているとエンジニアとしてのあなたの価値は下がってしまします。

本来ならさらに多くのことを学んでさらにスキルを磨くことができたからです。

転職によって、新しい環境と新しい役割が与えられ、それに挑戦することで成長のチャンスになります。今の会社にいるままだと経験できなかったことを自分の糧にすることができます。

収入が増える

別のメリットとして挙げられるのは「収入が増える」ことです。

当然のことですが、今の会社より条件の良いところを探して転職するので、自分の成果やスキルについて正当な評価をして、労力に見合う給与やボーナスが支給されます。また、家族手当や資格手当など今まではなかった福利厚生が充実していることもあります。その他にもサービス残業がなくなり、残業代が満額支給されるようになるだけでも手取り給与が上がることもあります。

今よりも年収給与水準が高い会社に転職すると結果として生涯年収が高くなります。

収入が確保できる会社を自分でネットの情報だけで探すのは難しいので、転職エージェントに相談すると良いでしょう。特にIT関連の技術職は非公開の求人も多いので、転職エージェントを通さないと情報を集めることができません。

早めに登録して情報収集しましょう。

「自分の時間」が確保できる

自分の時間がしっかり確保できるようになることもメリットです。

残業や休日出勤が当たり前の環境を転職によって変えることができます。

有給休暇を定期的に取得でき、普段も定時退社できると、会社以外での「自分の時間」が増えます。

最近ではワークライフバランスがよいと仕事の効率やパフォーマンスが良くなることがわかっています。

30代になると家庭生活や育児、介護など家族のために時間を使う場面も増えてきます。また、自己実現のためにより多くの自分時間を確保したい人もいます。

仕事と自分の時間を十分確保できると、仕事にもやりがいを感じモチベーションを保つことができますし、充実した生き方ができます。

残業が少なく、休暇がきちんと取得できる会社の選び方は、転職エージェントに相談するとアドバイスしてくれるので積極的に活用してください。

評価をリセットできる

ほかにも自分についての評価をリセットできるというメリットがあります。

前の会社での人事評価をリセットできて、昇進の可能性が低かった人でも転職先で新しいスタートを切ることができます。

採用された時点で、自分について「会社にとって価値のある人」という一定の評価があるということなので、心機一転、自信をもって仕事に取り組むことができます。

転職にはデメリットもある

もちろん転職することはメリットばかりではありません。デメリットも把握しておきましょう。

「退職金が少なくなる」というデメリットがあります。

退職金は勤続年数が多いほど金額も上がっていくので、転職するとその会社で定年まで働き続けた時と比較すると退職金は少なくなります。

自己都合の退職は、会社都合の場合よりも金額が下がりますし、入社から時間がたっていない1、2年で辞めるケースでは退職金そのものが出ないこともあるので注意しましょう。

また、「企業年金」も勤続年数によって決められているので、年齢が上がってからの転職時には不利になることも考えておきます。

退職するタイミングによってはボーナスがもらえないこともあります。会社によってその規定はさまざまなので、退職する前にしっかり確認しておくことも上手な転職のポイントです。

転職後のイメージを持つ

転職後にどんな職種で働きたいかイメージしておくことも転職を成功させるために重要です。

現在システムエンジニアとしてのスキルを持っているなら、どんな職種が転職先としてあるでしょうか。さらに、転職の助けになってくれるおすすめの転職エージェントも紹介します。

同職種×同業種の場合

今持っているスキルを生かして同じ職種、同じ業種での転職先の例を挙げます。

プロジェクトマネージャー

経験を積んだエンジニアが昇格するエンジニアのリーダーのポジションにある職種です。

エンジニアとしての経験や知識に加えて、プロジェクトが滞りなく進んでいるかの進捗管理など、マネジメント業務の知識が求められます。

主な業務内容は、プロジェクトの責任者や必要なリソースの調達・管理です。

必要なスキルは、リーダーシップや管理能力、チームをまとめるためのコミュニケーション能力、エンジニアとしての総合的な知識と技術です。

年収は500万円~1,000万円くらいです。

おすすめの転職エージェント:

Forkwell Agent

 首都圏でのエンジニア転職に強く、非公開求人もたくさんあります。応募を増やすのではなく絞り込んで徹底的な対策をすることで希望通りの転職ができるように手厚くサポートしてくれます。ひとりでは対策に自信がない人におすすめです。

レバテックキャリア

 ITエンジニアとWEBデザイナーのための転職エージェントです。非公開求人や、重要ポジションなどの求人を扱っています。高給与求人がたくさんあることが特徴なので、給与待遇に何よりもこだわりたい人におすすめです。

メイテックネクスト

 メーカーから、ソフトウェア会社まで幅広い業界のエンジニアの求人を扱っていて、専門コンサルタントがサポートしてくれます。広い業種でチャレンジしてみたい人におすすめです。

同職種×異業種の場合

同職種で異業種に転職する場合にエンジニアが活躍できるポジションはどんなものがあるかみていきます。

プログラマ

プログラマの仕事は、システムエンジニアが作った設計書に従って、機能を実装していく仕事です。

プログラミングのみを行うコーダーや、ソフト開発に携わるソフトエンジニアと呼ぶこともあります。

仕事に必要なスキルは、どんなプログラムを行うかで変わってきます。

例えば、アプリケーションプログラマであれば、C言語、C++、C#、Java、VB、PL/SQLなどの開発言語に対する知識が不可欠です。

Webプログラマは、JavaScript、HTML、PHP、VB.NETなどWeb関連言語の知識が必要です。

機械制御や組み込みプログラマにはC言語やアセンブリ言語の知識が必要です。年収は250~600万円です。

おすすめの転職エージェント:

マイナビエージェント

 マイナビでは、キャリアアドバイザーが一人一人にとじっくり向き合って応募する求人に合わせて書類の添削や、実際的な面接対策を行ってくれます。

レバテックキャリア

 自分の強みを発掘してくれて、その強みを生かした転職先を探してくれます。

 また、今後のキャリアアップの提案もしてくれるのでしっかりしたサポートを受けられます。

TechClipsエージェント

 TechClipsエージェントは自社サービスを持つ事業会社に特化した転職エージェントです。コンサルタントは経験豊富なエンジニアなので、自分の強みは何か把握し効果的にアピールできるようサポートしてくれます。

WEBエンジニア

WEBエンジニアは、WEBポータルサイトやECサイトなどのシステムの設計、開発、運用捕手を専門的に行います。

WEBサイトやWEBアプリケーションなどWEB上で操作するシステムの開発がメインですが、運用後は保守まで行います。

必要なスキルはJavaやHTMLなどのWeb関連言語の知識、WEBに特化しているので、ネットワークやセキュリティに関する知識が必要不可欠です。年収は300~700万円です。

社内SE

社内SEは、自社内の情報システム部で働きます。社内インフラの構築や管理、社内システムの構築、維持、管理を行います。

企業によってシステムの内容が変わり、社内のIT関連全般に対応するだけでなく、社内で使うシステムの開発など請け負うこともあります。

最近では既存システムのリニューアルや、新技術を使った新しいシステムの開発・構築のため求人が増えています。

顧客と対面しての接客の機会がほとんどないため、無理のある納期や要望には悩まされずにすみますが、技術力を磨く機会も少ないポジションになってしまします。

求められるスキルは、社内システムにかかわる知識や、コミュニケーション能力、ITに詳しくない人からの疑問や要望を解決することのできる問題解決能力が求められます。

おすすめの転職エージェント:

マイナビエージェント

 社内SEとして働きたい人にも対応したエージェントサポートがあります。

 非公開求人もあるので、希望やスキルに応じて提案をしてくれます

type転職エージェント

 公開・非公開問わずキャリアアドバイザーがしっかりとサポートしてくれます。

 持っているスキルだけではなく、今の求人市場で特に求められる能力や傾向も考慮したアドバイスを受けられます。

レバテックキャリア

 エンジニアの転職に必要な職務経歴書の効果的な書き方や、どんなポイントを相手が見ているかなど転職を成功させるための的確なアドバイスをしてくれます。

独立(フリーランス)

フリーランスで働くというのもひとつの選択肢です。

フリーランスの場合は、クライアントから直接要望を聞いてシステムの構築や設計を行います。

コードを正確に書いたり設計できるだけでなく、より上流行程である詳細設計、基本設計、

要件定義ができるようになると高収入を見込めます。

プログラミング言語や、企業の要望などによって年収は変わってきますが、フリーランスの平均的な年収は700万円くらいです。

フリーランスで働くときには、自分で仕事をとってくることや、クライアントとの折衝を行う必要がありますので、しっかり自己管理ができる人に向いています。

異職種×同業種の場合

異職種で同業種の転職先にはどんな職種があるでしょうか。

セールスエンジニア

セールスエンジニアは、エンジニアとしての知識を活用して営業を行います。

クライアント先に出向き、技術面からの交渉や調整、アドバイスをしながら、システム導入や構築について提案し販売します。

求められるスキルは、相手の技術者と対等に話せる豊富な技術知識と、ITに詳しくない人にわかりやすく説明することができるスキル両方が求められます。

また営業職に限りなく近いので、コミュニケーション能力が求められます。

接客が得意な人や、人に興味のある人に向いている職種です。反対に、できれば人と接したくない、とにかく技術を磨きたいという人には不向きです。年収は400~900万円くらいです。

異職種×異業種の場合

一見すると全く関係のない異業種の転職先もあります。

公務員など

公務員は定時に帰ることができ、土日祝日は基本お休みをしたいという人にとって魅力的な仕事です。年齢制限は自治体で決めていますが、概ね30代の募集がメインです。

公務員の待遇は安定しますが、今まで培ってきた専門的なスキルや経験を活かせない可能性が高いです。

しかし、勤務時間や休みがしっかりと決まっていることでライフワークバランスがとりやすい仕事です。今後の人生設計を考えた時に選択肢の1つにしてもよい職種といえます。

公務員には国家公務員、地方公務員、準公務員などいろいろありますが、共通しているのは公務員試験に合格する必要があるということです。

一般的に求人量も少ない傾向があります。公務員の求人情報は、地方自治体のWEBサイトや広報誌、下記の転職情報サイト、ハローワークの求人情報をこまめにチェックしましょう。

転職サービスのおすすめの活用法

エンジニアが転職を成功させるために、転職サービスを効果的に利用する方法について解説します。

転職エージェント

転職エージェントを利用する際には2つの会社を利用することをおすすめします。

理由としては、アドバイザーによってスキルの差があることや、有用な情報をしっかりと集めるためです。

情報の質と量は両立しないので、転職のための正しい情報を、漏れなく仕入れるためには複数のエージェントを利用するのがポイントです。

また、1つのエージェントだけでは見方や情報に偏りが出てしまいますので、客観的に判断するためにも2つ以上のエージェントを利用することをおすすめします。

転職情報サイト

転職情報サイトは総合型と業界特化型がありますが2つを併用することをおすすめします。それぞれ複数のサイトに登録して情報を収集しましょう。

総合型は、求人数が多く、IT業界だけでなく広い視野で求人情報を探すことができます。

業界特化型は、検索項目や求人職種が細分化されており、自分のニーズやスキルと照らし合わせて効率的に検索することができます。

ぜひ転職サイトの情報だけに頼らず、転職エージェントの担当者に相談するようにしてください。

転職エージェントは採用企業から依頼を受けて、募集要項に合った人材を探しています。企業がどんな人を求めているか一番詳しく、新鮮な情報を持っているのが転職エージェントなのです。

転職エージェントに相談することで、自分の希望する企業はどんなスキルを求めているのか、採用にいたるためにブラッシュアップができる部分の提案などのアドバイスを受けることができます。

転職先を仮決めしたら

転職しようと決めたら何から進めたらよいでしょうか。具体的に考えておくべきポイントについて解説します。

転職エージェントに相談を

転職は失敗したときのリスクが大きいので、転職を考えたらまずは転職エージェントに相談してください。

求人サイトや情報サイトを時間をかけて調べても、決め手に欠く状態のまま、時間だけが過ぎてしまい、転職のタイミングを逃してしまいがちです。

転職エージェントはエンジニアの転職を支援して、成功するためのノウハウを持っていますから積極的に相談してアドバイスをもらいましょう。

チェックポイント

転職したい企業が見つかったらチェックしておくべきポイントはどこでしょうか?

収入について

・提示された年収(残業代を除く)に納得できるか

提示された基本給に残業代をプラスしている会社があるので気をつけてください。想定されている残業時間が多かったり、残業が少なかった場合に提示された年収よりも実際には低い金額になってしまう可能性があるからです。内訳にも注意しながら納得のいく金額か判断しましょう。

・提示された年収はその後上がっていく可能性はあるか

入社後提示額から全く昇給のない企業もあります。働いていく中で自分の成果や貢献度によって年収が上がっていく会社であれば、モチベーションを保ちやすく、その会社に長くとどまろうという気持ちになります。企業によっては50代になると役職定年になり、年収が下がる既定のところもあるので確認しておきましょう。

・提示された年収が現在の年収よりも大幅に高い場合は、その期待に応えられるか

エンジニアの転職は、年収が上がることが定説のようになっていますが、転職するだけで自分のスキルが飛躍的にアップするわけではありません。採用する企業側の期待値が現在の年収よりもアップした年収に込められていると考えてください。

転職したものの企業が求めているものを自分が提供できなくてプレッシャーになる、やったことの無い業務についていけないという声もあるので、自分のスキルで期待に応えられるか冷静に考えるようにしください。

勤務条件・業務内容について

・仕事の内容だけでなく、会社の方針に共感できるか

エンジニアとしての仕事内容はもちろんですが、その会社の方針に共感できるかどうかは大切です。共感や同意ができない場合には、どうしても仕事に就くことが苦痛になってくるので仕事のパフォーマンスも下がってしまいます。

・勤務条件(場所、時間、休日、休暇、残業等)に納得できるか(家族のことも考慮する:育児・介護等)

勤務条件もしっかり確認しておきます。勤務地や勤務時間、休日や休暇のとり方、残業についての規定など細かい点もしっかり見てください。育児や介護などの必要性が出た場合にどのような働き方ができるかなど、家庭毎の事情や状況にマッチしているかも考慮します。

・マネジメントの経験が積めるか

エンジニアのメンバーとして40代、50代も働き続けるというのは現実的ではありません。入社後にマネジメントの経験を積むことができるかは、長期就業できるかどうかを判断する材料になります。

スタートはメンバーの一員だとしても、経験をつんでマネジメントにかかわれる環境で働くことをおすすめします。

社風について

社風についても働きやすさに影響があるので確認が必要です。特に注目すべき点は3つです。

・同年代の社員が在籍しているか

30代から50代の社員が在籍しているでしょうか。20代ばかりがいる会社であれば社風になじめないと感じることもありますし、定年まで長期就業できるかわからないので、よく見てみましょう。

・離職率が高くないか

設立してから時間がたっていて、在籍人数が少ないのに募集人数が多い場合、新たなプロジェクトのために採用を強化しているという明確な理由がない限り、離職率の高い職場の可能性があります。離職率が高いということは働きにくいということなので、長くそこで就業することは控えたほうが良い場合があります。

・常駐型の場合、現場に行ってもきちんとサポートしてくれるか

エンジニアが客先に常駐で仕事を請け負うということは珍しくありませんが、そのような場合にサポートをしっかりしてくれる会社かをチェックしましょう。

客先に入ったら自社とのかかわりがほとんどないとい会社は、社員を大切に扱わない会社が多く、将来について考えていない場合があります。

そのような会社は景気が悪くなり、経営に影が差すと、すぐにリストラをはじめることがあります。定年まで就業するつもりで転職するならこのような会社は避けるようにしましょう。

転職で失敗する人の共通点

転職で失敗する人にはいくつか共通点があります。失敗した人の例から学んで転職を成功させましょう。

すべてをネットで解決しようとする

エンジニアであれば、求人サイトなどを駆使して転職先を決めようと考えますが、そこには落とし穴があります。転職情報サイトは企業についての情報が限られており、良い企業かどうか見極めることのできる情報やデメリットについての情報が少ないのです。

転職はリスクが高い選択が伴うので、ネットだけに頼って一人で決定しないことが大切です。

転職目的が明確でない

転職の目的や同期が明確でないと、転職に失敗する可能性が高くなります。面接では転職の目的を自分の言葉で伝えられるかは大きなポイントになります。目的が明確だと受け答えに一貫性が生まれますし、自分の価値観や人間性が現れるので、転職成功に近づきます。

前述の「転職後のイメージをもとう(転職のメリットは、転職先の職種・業種は)」や転職エージェント担当者のアドバイスを参考に、転職後のイメージを膨らませ、ビジョンを明確にし、自分の言葉で語れるように準備しましょう。

エンジニアの転職は少しでも早く行動を

エンジニアの転職はタイミングが大切です。キャリアアップや未経験の職種に挑戦できるのは30歳が目途です。行動を起こすのが遅いとその分転職成功の機会を逃すことになると心得てください。

転職には高いリスクが伴うのでひとりで決めないようにしましょう。

いつまでに転職するとはっきり決まっていなくても、「転職」の文字が頭をよぎったときが行動を起こすときです。

転職の気持ちが芽生えた時点で、まずは転職エージェントに登録して情報収集を始めましょう。積極的に担当者に相談することで転職を成功させるためのアドバイスをもらうことができます。ぜひ転職エージェントを活用して転職を成功させてください。