エンジニアの生き様をウォッチするメディア

ウェブエンジニアが転職を成功させるために必要なこと

ウェブエンジニアの転職は準備が大切

現在ウェブエンジニアとして勤めているが、職場環境や給与面に満足できず、転職を希望している人は多くいます。

ウェブエンジニアが転職を成功させる為には準備活動が大切です。しかし、なにからどう準備すれば良いのかわからず、なかなか転職に踏み出せない方も多いでしょう。

ここでは、ウェブエンジニアの転職事情から転職を成功させるためのポイントを紹介していきます。

ウェブエンジニアの転職事情について

IT業界の人材不足は今後長く続き、2030年には最低40万人、最大80万人が不足すると予測されているのです。これからも求人需要は高い状態が続くとみられています。

ウェブエンジニアの転職事情を知ることで、ご自身の転職が効果的なのか、判断する際にご参考ください。

ウェブエンジニアの需要が高いのは事実

現在、日本のWeb系企業ではエンジニアが不足しており、人材の需要が高い状態にあります。比較的人数が多い中堅の工業大学卒は大半がSIerなどに人材が流れてしまい、結果としてエンジニアの中でもWeb系企業は人材が足りていないのが現状です。

ただ、需要が高いからといって簡単に希望の転職を果たせるわけではありません。希望する企業に興味を持ってもらえるよう、しっかり自己アピールする必要があります。

SIerからの転職について

ここでは、主にシステム開発に携わるSlerエンジニアからWeb系エンジニアへの転職について注目すべき点を紹介します。

SIerからの転職は十分可能

SIerからの転職は十分可能ですが、Web系の経験を求める企業を希望する場合や開発経験そのものが浅い場合は、転職活動が難航する可能性はあります。

またWeb系の企業は技術スキルだけではなく、社内外のメンバーとのコミュニケーション能力やさまざまな案件に臨機応変に対応できる能力などを求めています。

SIerとウェブエンジニアの開発手法が異なる

Web系企業の開発はアジャイル開発が多くSIerはウォーターフォール開発が多いです。アジャイル開発は機能ごとに小規模で「要件定義・設計・開発・実装・テスト・運用」のサイクルを繰り返して開発を進めていきます。ウォーターフォール開発は「基本計画」「外部設計」「内部設計」「プログラム設計」「プログラミング」「テスト」という工程に分けて順に段階を経て行う方法です。

アジャイル開発は短期間でリリースをするのでウォーターフォールのようなプロジェクトマネジメントのストレスが少ないです。また設定工程も少ないのでSIerより楽だと感じる人も多いようです。その分、クライアントの要望を叶える為にときには急な仕様変更や、全体の改良の提言などが随時行われこれまでとは全く別な働き方が求められます。

SIerに比べウェブエンジニアは給与が低い

Web系企業はまだ、薄利多売のビジネスが多く利益が少ない企業が多いです。そのためSIerに比べ給与が低い場合が多い状況です。案件も短期間で仕上げて数をこなしていくことが求められます。

それでもWeb系企業はSIerに比べ年収が100万円程度低い傾向にあります。ただし、まだまだウェブエンジニアの需要は増えていくと予測されています。事業規模の拡大や需要の増加に伴い給与相場が上がっていく可能性もあります。

出典:IT関連産業の給与等に関する実態調査結果(経済産業省)

ウェブエンジニアが転職時にやるべき活動とは

ウェブエンジニアが転職するのに準備すべき活動には、これまでの成果やスキルをまとめること、転職の理由を明確にしておくことなどがあります。

また、活動方法の選択や企業情報の収集なども欠かせません。ここでは、転職にあたって準備しておくことについて紹介していきます。

現職の成果やスキルをまとめる

まずは、これまでに関わったプロジェクトの成果やご自身が身につけているスキルを書き出してまとめてみましょう。

下記にあげる内容は記載しておくと良いでしょう。

記載すべき内容詳細
これまでに関わったプロジェクトプロジェクトの内容、目的、規模、成果など
これまでに作成したアプリやサービスサービスの内容、目的、規模、成果など
使用言語年数、実務での使用状況、内容
使用DB年数、実務での使用状況、内容
使用OS年数、実務での使用状況、内容

携わったサービスやシステムを整理し、成果までふりかえってまとめてみることで、自身のアピールポイントの把握にも役立ちます

自身の状況やスキルを鑑みることで、今後やりたいことも見えていることがあります。転職理由をはっきりさせることにも繋がっていくので、丁寧に進めていきましょう。

予めポートフォリオを作成したりGitHubにコードを上げたりすることで、自己アピールもしやすくなります。

転職理由を明確にする

中途採用市場においては、転職を繰り返していると、これまでと同様の理由でまたすぐに辞めてしまうのではないかという懸念を人事に抱かれることがあります。はじめての転職でも「仕事が辛い」や「上司と合わない」など転職理由がネガティブだと人事の心証が悪くなりがちです。そのため、転職理由はポジティブに伝えられるように心がけましょう

転職理由には新たな企業でやりたいこと、自分が企業に対してできることを中心に考えます。まず自分ができることからやりたいことを導き出すようにすると取り組みやすいです。

やりたいことはただ漠然と大きな目標をあげるのではなく、3年後、5年後にやっていたいことを考えると、具体的に伝わるでしょう。

転職の活動方法を選択する

転職活動時は、求人情報を探すのにさまざまな方法があります。

例えば、求人情報サイトの利用や転職エージェントへの登録、企業サイトの求人への直接応募などがあげられます。

これらの特徴についてそれぞれ紹介していきます。ご自身にあった活動方法を見つけてみましょう。

求人サイト

求人サイトはさまざまな求人を検索・閲覧することができます。ただし、企業側が一方的に発信する限られた情報をもとに判断しなければならないので、自身が転職で重視している点や実際の現場状況を把握するのは難しいです。求人サイトを利用するならウェブエンジニアに強い求人サイトを見つけて企業を探すのが近道です。

転職は短期間に集中して行うのがベストなので、興味を持った企業をいくつかに絞り込むこと、自分に合うかどうか見定めることを、確実に行っていく必要があります。

また、企業側も求人情報を出して待っているだけでなく、転職エージェントや人材データベースを通して、積極的に人材採用に取り組んでいます。求人サイトは登録しておくと、転職活動のスキマ時間にスカウトがくるのを待つことができるので便利です。

転職エージェント

転職エージェントに登録すると、転職のプロであるコンサルタントから活動の支援を受けられます。履歴書・職務経歴書作成のためのレクチャーや、面接に関するアドバイスを受けることができます。

スカウトサービス

エージェントを介さないで採用企業が人材データベースから直接採用を行う転職活動方法です。企業と転職希望者とが同じ目線でやりとりしやすいことが特徴で、面談や企業訪問などの場でカジュアルに企業への理解を深めることができます。

その反面、企業とのやりとりや条件交渉などはご自身で行うことになります。また、採用企業の目に止まるように、スキルや資格の明示、成果物といった自己アピールがより重要となります。

ForkwellならITエンジニアに特化したスカウトサービスで、スパムメッセージを排除し、Web系企業からの真摯なスカウトを受け取れるサービスです。利用は無料なのも魅力です。 

企業に直接応募する

ほとんどの企業がコーポレートサイトを持っています。そのサイトに記載されている募集要項を確認の上、企業へ直接応募することができます

どうしても入社を志望する企業があるなら、サイト上に応募フォームがなくても、あきらめず電話やメールで連絡をして面接の機会を得ることもできるかもしれません。

積極的にアピールしていくことでやる気を買ってもらえる可能性が高いですが、企業情報を自分で収集しなければなりません。コーポレートサイト以外からも情報を見つけてきて、希望が叶うのかどうか、自身で判断材料を揃えましょう。

転職先の企業の情報を収集する

情報は、ネット上だけではなく転職関連イベントに参加すると効率的に集まってきます。人とのつながりも増え様々な情報が入るようになるのでおすすめです。

転職をした人が身近にいれば体験談を聞いてみましょう。また、少しでも気になる企業があったら企業の社員に話を聞いてみることが大切です。

加えて、気になる企業だけでなく競合企業についての情報を調べることで、応募対象を広げたり比較したりすることができます。

ウェブエンジニアが転職を成功させる5つのポイント

ここではウェブエンジニアとして転職を成功させる為に必要な5つのポイントを紹介していきます。

新しい技術への向上心を持つことや転職理由を明確にするなど、ポイントを意識して転職活動を進めることでより成功へつながりやすくなります。

新しい技術を学ぶ向上心や意欲を持つ

日進月歩のIT業界にあって、ウェブエンジニアは変化を恐れず、常に新しい技術を学ぶ意欲を持つことが大切です。

特に、希望する職種がある場合はその分野の学習をはじめその分野の技術に関するリサーチを行うことが大切です。転職してからは新しい環境に慣れる期間もあり、なかなかまとまった時間で新しい技術を学ぶ時間も取りにくくなります。

転職前に時間をつくって新しく興味を持った分野・技術を学ぶこと、転職後にもそういった技術に触れる時間を少しでも作るよう意識して、着実にスキルを身につけていきましょう。

転職先に求める条件を明確にする

転職理由があやふやだと自分が理想とする転職先が分からず、転職をしてもまたすぐに辞めたくなってしまう…という悲劇を招くことも。

人によって転職理由は、年収アップ、人間関係の良さ、スキルが身につく、柔軟な働き方ができる、などさまざまです。自分の価値観を明確にして優先順位をつけておくと、転職先をみつける際に役立ちます

転職を考えはじめているに現状の不満があると、ネガティブな理由を考えてしまいガチですが、自身が何をしたいのか、また転職先で何に対して貢献できるのか、というポジティブな転職理由を見出すことが大切です。

転職活動には時間をかけ過ぎない

転職活動に時間をかけすぎてしまうと、モチベーションを保つことができなくなってきます。日々の業務もある中で、ある程度勢いをつけて行動をしたほうが良いでしょう。

転職活動の準備期間は2〜3週間が目安です。やると決めたら熱が冷めないうちに、経歴や志望動機をまとめて活動をはじめましょう。

転職活動自体は、動き出しから転職成功まで3~6カ月程度が目安とされています。応募してから選考結果が出るまでは時間がそれなりにかかります。1社ずつ応募して都度結果を待つよりも、1度に複数社へ応募することで、転職活動期間を短縮できる可能性が高くなります。

転職準備をしっかりとして、効率よく短期間で転職を果たしましょう。

なかなか転職先が決まらなくても落ち込まない

100社受けても入社できるのは1社だけです。もしも受からなくても、落ち込まずアクションを起こし続けることが大切です

気持ちを切り替えて、自身の希望にあう企業とのマッチングを目指しましょう。

転職へ踏み切るのを先延ばしにしない

IT業界のなかでもウェブエンジニアは若手が売り手市場。今まさに若手エンジニアとして活躍されている方、若手と肩を並べて第一線で活躍しているミドルエンジニアの方は、多くの企業にとって「のどから手がでるほど欲しい」存在と言えます。転職をするなら今がチャンス。早めに行動へ移すことが大切です

若手でなくても、年齢に見合ったスキルと経験があれば転職は十分可能です。転職先で活躍したいという熱意が大切なので、モチベーションが保てる間に集中して取り組みましょう。

ウェブエンジニアの転職は情報収集が鍵

現在、ウェブエンジニアは需要が高く転職しやすいです。転職エージェントなどを上手に活用し、企業情報を収集して希望の転職先を見つけましょう

また、転職活動を機に自分自身の情報を整理し、自分を見つめ直すことで、本当にやりたいことをみつけ、人生を豊かに過ごすきっかけにもなります。

これまで紹介してきたポイントを参考に転職を成功させましょう。