エンジニアの生き様をウォッチするメディア

DXによるプロダクト開発支援サービスが「エンジニアの幸せ」に資する理由。CTC(伊藤忠テクノソリューションズ)丸山貴嗣・佐々木友也

企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けたプロダクト開発を支援することを目的とする『build service』をリリースした伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)。連載の第1回では、シアトル発、世界でも先進的なDX事例として高い評価を得ているス…

「請負ではなく、未来をともに創るパートナーに」SIer大手CTCが挑むプロダクト開発によるDX支援CTC(伊藤忠テクノソリューションズ) 神原宏行

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)といえば、年間5000億円に迫る売上収益を誇り、280社以上のマルチベンダーパートナーシップを持つ日本屈指のITサービス企業だ。多くのエンジニアは「SIerの巨人」として認識しているかもしれないが、そのCTCが新たに立ち…

「伝説の営業マンはもういらない」セールスイネーブルメントが創出する営業チームを強くするプロダクト 大城祐介、小泉賢(株式会社R-Square & Company)後編

<前編はこちら> 営業活動を強力に支援すると北米ではすでに大きな成果を挙げているSales Enablement(セールスイネーブルメント)に準拠したプロダクトが日本でもついに登場する。株式会社R-Square & Companyが開発中の人材育成、営業成果の向上、人材の発…

なぜセールスイネーブルメントは「営業人材育成の切り札」なのか? バズワードに終わらない変革力 山下貴宏、大城祐介、小泉賢(株式会社R-Square & Company)前編

アメリカのB2B市場において、「営業活動を革新した」と大きな注目を集めているのがSales Enablement(セールスイネーブルメント)。日本でも新たなトレンドワードとして広く知られるようになり、2021年はセールスイネーブルメント導入元年となりそうな気配を感じてい…

  • タグ
  • DX

ベストプラクティスはWeb系企業で育まれている〜三菱重工業のDXを支える学びの姿勢〜 川口賢太郎、森岡周平(三菱重工業株式会社)

知らない人はいないといっても過言ではない日本有数の大企業である三菱重工。実は2年ほど前からエンジニア採用を開始し、DXの推進を強く行なってきました。名前の通りの機械の印象や古き良き大企業のイメージもある中でデジタル部隊の中心人物である川口賢太郎さんと…

AWSヒーローが描く「誰でもヒーローになれる」会社のつくりかた 吉田真吾(株式会社サイダス取締役CTO)後編

<前編はこちら> 『すべての企業の「⼈×データ」のインフラになる。』を掲げ、人事に関する様々なプロダクトを提供する株式会社サイダス。新しい時代の「働きがい」とは一体どんなものなのか? 同社のCTOにして、世界に80人しかいない(2019年当時)というアマ…

「人×データ」で働き方の未来を創出。人材データプラットフォームが広げる可能性とは? 吉田真吾(株式会社サイダス取締役CTO)前編

政財界をあげて進む「働き方改革」、新型コロナウイルスの感染拡大によって広がる新しい働き方をはじめ、日本のビジネスパーソンを取り巻く環境はここ数年で激変しました。「働くことの意味」が問われる世の中で、企業のあり方、チームマネジメント、個人の成長の基準…

世界の大量廃棄を防ぐプロダクト? バックエンドエンジニアとデータサイエンティストが社会変革を担うー瀬川直寛、荻原昂大&持田春嘉(フルカイテン株式会社)後編

<前編はこちら> 「在庫を増やせば売り上げは増えるが余剰在庫が新たな問題を生み出す。仕入れを減らして在庫を削減すると売り上げが減る」  すべての小売業に内在する「在庫問題」の解決を目指して2017年にローンチされた『FULL KAITEN』は、2019年2月の…

「在庫問題」の解決にITとAIで挑め!新しい小売業をフル回転でつくるー 瀬川直寛、荻原昂大&持田春嘉(フルカイテン株式会社)前編

「在庫を増やせば売り上げは増えるが余剰在庫が増えてしまう。仕入れを減らして在庫を削減すると売り上げが減る」 すべての小売業が頭を悩ませる「在庫問題」に正面から取り組むフルカイテン株式会社は、クラウドサービス『FULL KAITEN』を提供しています。 「”…

「稼ぐ力をこの国のすみずみまで。」中小企業を労働集約型から開放する画期的プロダクト 和田広大×吉村卓生(SO Technologies株式会社)【後編】

<前編はこちら> ソウルドアウト株式会社の連結子会社である株式会社サーチライフと株式会社テクロコが合併し、2019年7月1日に誕生したSO Technologies株式会社に迫るインタビュー企画の後編は、「日本中、どこでも、だれでも、カンタンに、その情熱を稼ぐ力…