エンジニアの生き様をウォッチするメディア

Webエンジニアの年収は低い?高い?職種や企業別の平均年収

エンジニアの年収は他の業種と比較して高い

(クリックすると拡大します )

上記は 国税庁発表の「平成29年分民間給料実態統計調査」に基づいた年代別の平均年収のグラフです。

今回はエンジニアの中でも職種、企業、プログラミング言語、国、働き方によってそれぞれどのくらい年収の違いがあるか紹介します。

さらに、エンジニアとして年収1,000万円を目指す方法についても解説します。

職種別エンジニアの平均年収

職種平均年収
システムエンジニア550万円
ネットワークエンジニア479万円
セキュリティエンジニア600万円
ソフトウェアエンジニア545万円
ゲームエンジニア500万円
サーバーエンジニア465万円
ブロックチェーンエンジニア928万円
組み込み系エンジニア605万円
rpaエンジニア800万円
AIエンジニア626万円
プラントエンジニア650万円

エンジニアといってもさまざまな職種があります。それぞれの仕事内容、年収事情はどうなのか詳しくみていきましょう。

システムエンジニアの場合

システムエンジニアは、顧客からの要望を聞きシステムの大まかな設計をするまでの、情報システム開発の「要件定義」「機能定義」「構成管理」「計画立案」などの工程を管理します。

平均年収は550.8万円です。年齢と経験が増していくにつれて年収も増えていきますが、スキルと所属している会社によって差が出てきます。

それでも、平成25年から29年まで平均年収500万円を超える高い水準をキープしています。

ネットワークエンジニアの場合

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計や構築、保守管理が主な仕事です。構築されたネットワークにトラブルが起きた場合に対応する重要なポジションです。

平均年収は479万円です。ネットワークエンジニアは技術を身に付けて育成するのが難しいとされていて、需要に対して数が足りていないこともあり全体の平均年収が442万円であることから、全体よりは高い水準となっています。

セキュリティエンジニアの場合

セキュリティエンジニアはコンピューターウィルスの対策や、ネットワークに対するサイバー攻撃への対処、不正アクセス対策など、情報セキュリティの管理や運用が主な仕事です。

平均年収は600万円です。

ソフトウェアエンジニアの場合

ソフトウェアエンジニアの仕事は多岐に渡ります。パソコンのアプリケーションや電子レンジ、最近では空気清浄機もスマホで操作できるものがありますが、そのような電気で動くもの全般のソフトウェアの設計やプログラミングが仕事です。

平均年収は440~650万円で、業務請負の場合よりシステム開発のソフトウェアエンジニアの年収が1割ほど高い傾向があります

ゲームエンジニアの場合

ゲームエンジニアは、家庭用のゲームソフトやスマホゲームの開発/プログラミングに携わります。

ほとんどの場合、ほかのエンジニアやデザイナー、シナリオライターとひとつのチームとして働きます。

平均年収は500万円程度で、ソフトウェアエンジニアと比較するとやや低い年収です。これは作ったゲームが人気になり売り上げが伸びるか、否かによって会社経営に影響があるためです。

サーバーエンジニアの場合

サーバーエンジニアは、サーバー機器の構築と保守や運用、監視といった仕事をします。

平均年収は465万円です。近年ではサーバーを持たずにクラウドで管理をする企業も増えているので、ネットワークエンジニアと兼務する人も増えています。

ブロックチェーンエンジニアの場合

ブロックチェーンエンジニアは、仮想通貨の登場と共に登場した職種です。ビットコインを代表とする暗号資産に関連する技術です。

ブロックチェーンの技術は歴史も浅く発展途上ですが、どんどん新しいプラットフォームが開発され、ブロックチェーンエンジニアも多く必要とされています

ブロックチェーンの技術を持ったエンジニアが、需要よりもかなり少ないことや、将来への期待値も高いことが影響して平均年収は928万円ほどです。今後も年収は高騰していくと見込まれています。

組み込み系エンジニアの場合

組み込み系エンジニアは、機械を制御するシステムの組み込み、電子機器を制御するシステムを作る仕事です。

その仕事は、身近にある電子レンジやTVなどの電化製品や、銀行のATM、カーナビ、車本体など機械類全般に及びます。

平均年収は、アセンブラの場合550万円、C言語の場合は660万円です。

以前から製造業のニーズが多かったのですが、最近ではドローンなども電子制御されている機械に含まれるので、ITベンチャーも組み込み系エンジニアを必要としており、活躍の場が広がっています。

rpaエンジニアの場合

rpaエンジニアは、ロボットを使った業務の自動化ツールの設計や運用サポートを行います。

人間ではなくロボットでも行える作業を自動化して負担を減らすことや、業務の効率化を目指して導入する企業が増えているので、rpaエンジニアのニーズも増えています。

クライアントからの要望を聞いて、業務プロセスの洗い出しを行う導入部分から、開発、運用後の保守まで行います。

平均年収は未経験者で450万円、経験者は800万円と経験やスキルによって差があります。

機械学習(AI)エンジニアの場合

機械学習エンジニアは、AI(人工知能)を使ったシステムやアプリケーションの開発をします。

システムの構築だけでなく、統計学や数学の知識も求められ、AIが学ぶときに与えるデータを扱うので、どのデータベースを選ぶか、クラウドの知識やセキュリティについてなど幅広い知識とスキルが求められます。

平均年収は626万円で、一般的なエンジニアより高水準です。今後AIの需要が増えていくと考えられているので、よりニーズが高まる職種でもあります。

プラントエンジニアの場合

プラントエンジニアは工場設備や生産設備の設計、運用が主な仕事です。

産業によって規格やガイドラインが異なるため、専門設備の配置や選定も必要です。また工場にかかわる吸気や排気、空調、電気、水道などのインフラの設備についての知識や土木に関する知識も求められます。

平均年収は600~700万円ほどです。さまざまな知識や、多くの人とチームとして働くためのコミュニケーション能力が求められる職種のため年収が高めです。

企業別エンジニアの平均年収

企業平均年収
楽天680万円
ソフトバンク600~1,200万円
google1,189万円
メルカリ1,000万円
LINE700万円

勤め先の会社によって年収が変わってくるのは当然ですが、どのくらい差があるのか気になりますね。私たちの良く知っている5社を比較してみます。

楽天株式会社

楽天株式会社のエンジニアの平均年収は、710万円で過去5年間の平均年収は680万円でした。

楽天株式会社はエンジニアが就けるポジションが豊富です。

プロダクトマネージャーやアプリケーションエンジニア、インフラエンジニア、

セキュリティエンジニア、データサイエンスエンジニアなどいろいろなポジションがあります。

ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社では、サービスの企画や開発、提案や設計、運用を行うインフラエンジニアを募集しています。

CCNA(Cisco Certified Network Associate)相当のネットワーク知識やLinux、Windowsサーバーの構築と運用についての知識が必要です。

年収は600~1,200万円です。

google Japan

google Japanではエンジニアの就けるポジションが複数あります。職種によって年収に違いがありますが、ソフトウェアエンジニアは1,189万円、システム管理者が1,040万円、プログラマーでも830~1,100万円と、高い年収です。

優秀な人材が集まっていて、自分のスキルを磨くこともできると人気のある企業です。

株式会社メルカリ

業績も急成長をしているメルカリは、在籍3年未満のエンジニアの平均年収は1,000万円ほどです。

メルカリは「無制限昇給制」を導入していて実力や成果に応じて給与が決まっていきます。

成果に対して正当な評価をしてもらえるので自分次第で年収アップも見込めます。

LINE株式会社

LINE株式会社のエンジニアは年収500万円台からスタートします。

初任給は528万円です。エンジニアを専門職として重要視しているので年収が高くなっています。技術職の平均年収は700万円です。

SNSだけでなくLINEpayなどキャッシュレス決済の分野にも進出していて、事業が拡大している企業です。

働き方によるエンジニアの平均年収の違い

働き方平均年収
フリーランス840~960万円
派遣社員420万円
正社員600~800万円

エンジニアとして働くスタイルによっても年収に差が出てきます。

フリーランス、派遣社員、正社員それぞれの平均年収を見てみましょう。

フリーランスの場合

フリーランスでエンジニアとして働く場合には、収入の中心的になる仕事をどのくらい獲得できるかによって年収が変わります。

とはいえ、まだまだ人材の需要と供給のバランスがとれていない市場なので、エンジニアのニーズが高く、高単価の仕事をとることができます。

月単価で見ると70~80万円、平均年収は840~960万円ほどです。しかし、福利厚生など企業に保証してもらえる点はなく自己負担になるので注意が必要です。

派遣社員の場合

派遣社員として働く場合の平均年収は420万円ほどです。平均時給は2,188円、月収にすると35万円です。

平均的な正社員のエンジニアがもらえる年収が428万円くらいと言われているので、派遣社員エンジニアでもあまり差がないことがわかります。

場合によっては、残業代の出ない正社員よりも収入が高くなることは珍しくありません。

正社員の場合

正社員のエンジニアの場合、平均年収は428万円です。しかし企業の規模によって差が大きいという特徴があります。大手企業のエンジニアであれば年収600~800万円ですが、中小企業になると年収400万円を切ることも珍しくありません。

さらに、派遣社員と比べると責任も大きくなり残業が多く、ストレスがたまりやすい環境であることも多いです。

言語別エンジニアの平均年収ランキング

言語平均年収
Go600万円
Scala600万円
Python575.1万円

次に、プログラミング言語別の年収ランキングを見ていきましょう。

1位 Go

エンジニアが学びたいプログラミング言語ランキングで1位になっている、「Go(Golang)」は年収でも1位です。

年収中央値は600万円、最大提示年収は1,600万円です。

GoはGoogleが開発している比較的新しい言語で、軽量で高速かつシンプルなプログラミング言語として知られています。

今後まだまだ発展していく言語として、活躍の場が広がっていくといわれています。

2位 Scala

2位に挙がったのは「Scala」です。オブジェクト指向言語と関数型言語の性質を併せ持った新しいタイプのプログラミング言語です。

日本ではあまりなじみがありませんが、アメリカの大手企業やTwitter社などが使っています。年収の中央値は600万円、最大提示年収は1,300万円です。

日本で需要が増えても扱えるエンジニアが少ないことから、平均年収が押し上げられています。

3位 Python

機械学習やデータ分析が可能なライブラリが揃っている言語です。年収の中央値は575.1万円で、最大提示年収は1,499万円です。

「AI」や「Deep Learning」などにも必要とされる言語なのでエンジニアのニーズも増え、年収はここ数年で上昇傾向にあります。

海外のエンジニアの平均年収

言語平均年収
アメリカ1,395万円
イギリス623万円
中国354万円
シンガポール563万円
韓国498万円

エンジニアは各国で活躍していますが、国別でみたときの平均年収の違いを見てみましょう。

アメリカ

アメリカのエンジニアの平均年収は1,395万円です。

アメリカはエンジニアの年収が他の職種と比べても高く、特にシリコンバレーではその差が顕著に現れています。

AIエンジニアの年収は3,000万円に上ることもあるので、平均年収を押し上げています。

年功序列がないので、自分のスキルがあれば企業から好待遇を受けることができ、より条件の良い企業を選んで転職することも可能です。

イギリス

イギリスのエンジニア平均年収は623万円で、他の職種よりも高水準です。

イギリスは職種が細分化されているので、システムエンジニアというカテゴリはありません。それぞれの分野に特化した働き方をしています。

高水準の年収を払っていても人材不足が続いており、企業にとっては良い人材を確保することが急務になっています。インセンティブや、柔軟な労働環境を整えることなどを企業側が行っているので、エンジニアには働きやすい環境になってきています。

中国

中国のエンジニア平均年収は354万円ほどです。

金額だけ見ると日本のエンジニアよりも年収が低いのではないかと思いますが、他の職種の平均的な年収が45万円くらいということや、中国での生活に必要な金額が日本よりも安いことを考えると高水準の仕事です。

特に杭州や深センなどのIT企業が進出している地域では、AI技術者のニーズが高く経験を積むほど年収が上がっていきます。

トップクラスのエンジニアであれば年収1,000~3,000万円というので、同業者同士でも差が大きい職種といえます。

シンガポール

シンガポールのエンジニアの平均年収は563万円です。

シンガポールは住居費が高いことでも有名です。物価も世界一高いといわれている都市なのですが、一般的な平均年収が384万円くらいなので比較するとエンジニアの年収は高水準を保っています。

しかし、生活にかかる費用と収入のバランスを考えた時には、日本と比較すると年収にあまり差はありません。

韓国

韓国のエンジニアの平均年収は498万円です。

働く環境や企業体質は日本と似ているので、経験やスキル、勤務年数によって年収が変わってきます。

IT企業ではAIの技術を持ったエンジニアやプログラマーのニーズが高くなっているので、年収も他の業種と比較すると高水準です。

エンジニアで年収1,000万円を目指すには

エンジニアとしての自分の持っているスキルを生かして年収1,000万円を手にすることは簡単ではありません。

ここからは年収1,000万円達成するためにはどうしたらよいか、3つの方法を紹介します。

給与が高い企業に転職する

転職によって今よりも年収の高い企業に就職するというのがひとつの方法です。

今、人手が不足しているIT業界は、優秀な人材を確保するために高い給与を設定している企業が増えています。

経験とスキルがあれば、転職することで年収アップも見込めます。特に金融や、保険業界、外資系の企業は給与が高いのでトライしてみましょう。

ただし、給与が高ければ当然業務量や責任が増すことも考えられます。給与だけで飛びつかず、自分の能力に見合った業務内容かどうかもしっかり確認しましょう。

フリーランスとして独立する

年収1,000万円を目指してフリーランスとして独立するという選択肢もあります。

フリーランスのメリットは、受注して得た利益を100%自分のものにできることです。

最近は企業のシステム開発の需要が増えてきているので、社外への発注も増え、フリーランスのエンジニアも高単価の仕事を獲得可能です。

その代わり、自分で仕事をとってくる必要があることと税金関連や保険などは全て自分でやる必要があります。

フリーランス向けの仕事紹介サービスもあるので活用してみましょう。

海外で働く

思い切って海外でエンジニアとして働くこともできます。

アメリカやイギリスなども、優秀な人材を常に獲得しようと考えている企業は多いので、海外で働くことも視野に入れてスキルアップするとチャンスが増えます。

海外で働くエンジニアが増えていますが年収だけではなく生活する環境も考慮しましょう。

たとえば、シリコンバレーのエンジニアの年収が1,300万円以上あるものの、年間の平均生活費も1,200万円前後といわれています。

年収だけに注目していると華々しいですが、実際に生活してみると日本での生活より厳しい環境に置かれることもあります。

自分のライフスタイルや、将来のことも考えながら海外で働くことを検討してください。

エンジニアとして収入の大幅アップを目指そう

エンジニアの年収は高水準を保っていますが、今後も技術の発達に伴ってますます需要が高まり、このまま高い水準の年収が見込めます。

今まで培ってきたスキルと、経験を生かして年収1,000万円を目指してみましょう。

エンジニアとしての技術だけでなく、チームとして働くためのコミュケーション能力を伸ばすことや、新しいプログラミング言語を習得するなど自分のブラッシュアップをすることでチャンスが広がります。

フリーランスとして独立することや、海外で働くという選択肢もあります。

ぜひスキルを十分生かして年収1,000万円を達成してください。