エンジニアの生き様をウォッチするメディア

【#またでたなforkwell】あなたのエンジニアイベントをForkwellがサポートいたします!

エンジニアイベントをForkwellがサポート

こんにちは!

Forkwellでは、エンジニア向けイベントを「イベントスポンサー」という形で支援しております。
#またでたなforkwell というTwitterハッシュタグでご存知の方も多いかもしれません。

スポンサー回数も300回を超え、「イベントスポンサーをしてほしい」とお声がけいただく機会も増えました。

弊社プレスリリースでも発表した通り、Forkwell はconnpassで開催されるイベント支援を強化していきます。

この取り組みにより、より多くのエンジニアのアウトプット・成長を支援することが出来れば幸いです。

Forkwellにイベントスポンサーをしてほしい方はこちら!

なるべく多様なコミュニティを支援したいため、毎月連続でのご依頼がお受けできないことがあります。ご依頼が殺到した場合も、初めてのコミュニティを優先する場合がございます。運営方針にご理解ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。


改めて、イベントスポンサーの手順についてご案内いたします。

サポート内容

イベントの諸経費の一部部分をサポートさせていただく形式になります。

基本的なお支払い金額の算出方法は 【イベントエントリー数×60%×1,000円】* となります。

例:
エントリー数が100名の場合=100×60%×1,000円=60,000円
※イベント自体の上限数が80名の場合は80名で計算させていただきます。

*イベント内容や条件によって算出方法が異なる場合がございます。

サポート条件

  1. 参加対象者がITエンジニア向けのイベントであること
  2. アウトプットや学びを目的としてイベントであること(飲み会などは対象外です)
  3. ITエンジニアの方が有志で運営されているイベント(企業主催は要相談)
  4. 参加枠数が 30名以上200名未満であること
  5. 参加者へのチラシ配布、および、懇親会前に5分間のサービス宣伝を行わせてもらえること(※登壇者による登壇か、PR動画の放映という形でお願いしています。)

ご請求書について

開催3日前時点でのエントリー数を持って、スポンサー金額の確定を行います。
振込させていただく口座情報を追ってお教えください。

PRチラシの配布について

都合のよろしいご住所宛にお送りします。
[宛名][ご住所][お電話番号]をお教えください。


Forkwellにイベントスポンサーをしてほしい方はこちら!