Forkwell Press | フォークウェルプレス

SHARE

目次

目次

SHARE

Blog

Forkwell ポートフォリオが完全リニューアル

topの画像

エンジニアのキャリアを支援する Forkwell は、ITエンジニア向けポートフォリオサイトの完全リニューアルを行い、「Forkwell Portfolio」としてβ版をローンチいたしました。

旧ポートフォリオからデザインを一新するとともに、各種機能の改善を重ね、自身のアウトプットを簡単に連携・管理できるようになりました。

また技術を可視化できる昨日を実装したことで、さまざまな課題解決ができるようになりました。

Forkwell Portfolio について

Forkwell Portfolio は、ITエンジニアが自身のアウトプットを簡単に連携・管理でき、スキルを可視化することができるサービスです。

GitHub アカウントの連携により、登録されたリポジトリのコミットログを解析。普段書いているプログラミング言語や、コードの変更量をグラフ化します。

1枚目の画像

技術の可視化で解決できる課題例3選

1. 公開しているアウトプットが各サービスに散らばっている

RSSフィードにより、ポートフォリオの定期的な更新が可能。Webサイトやブログ、スライドなど、様々なアウトプットを登録できます。

2. 非公開での活動内容を開示するのが難しい

プライベートリポジトリの API アクセスを許可すれば、仕事で書いているコード変更量もグラフに反映させることができます。コードは非公開でも、技術力はオープンになります。

3. 学べき技術を調べるのが大変

登録ユーザーの定量的な技術力が可視化されるため、他ユーザーのスキルを確認して、今後どのようなアウトプットをすれば良いかを参考にすることができます。

 

今後もエンジニア、ITエンジニアがスキルを表現するための機能を追加予定です。

リニューアルした Forkwell を、今後ともよろしくお願いいたします。

 

Forkwell への登録はこちらから。

本件に関する技術的なご説明はこちら(Grooves開発ブログ)から

Forkwellキャリア相談

フォークウェルプレス編集部

Follow

記事一覧へ

本サイト掲載の全て記事は、フォークウェル編集部が監修しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程をチェックしています。

本サイト掲載の全て記事は、フォークウェル編集部が監修しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程をチェックしています。