エンジニアの生き様をウォッチするメディア

【Ruby エンジニア必見】本当に満足できる Ruby 求人はこうやって探す!

この記事では、エンジニア目線のスカウトサービス「Forkwell Scout」を運営している「Forkwell」が IT エンジニアの中でも注目を集めている Ruby(Ruby on Rails)に関する求人情報の動向を分析・紹介していきます。

「実際に Ruby on Rails の求人は増えているのか?」
「Ruby エンジニアの平均年収はいくらなのか?」
「Ruby の求人って一体どうやって探せばいいの?」
と疑問に思っている方、迷っている方はぜひ参考にしてください。

Ruby の求人は増加傾向

Ruby の中でも特に Ruby on Rails は Web システムやサービス系、ゲーム系の企業でのニーズが増えている言語となっています。そのため今後も Ruby の求人は増加していくことが予想されるでしょう。
特に Ruby on Rails は、多様性・柔軟性がありシンプルにコーディングを進めていくことができる言語であるため、色々なチームや組織で重宝されている言語となっています。
このように Ruby は多くの会社や組織で求められている言語ではありますが、まだまだ Ruby エンジニアの数は多くないことから、 Ruby 求人の需要は今後も非常に高い状況が続いていくでしょう。

Ruby は徐々に利用が増えている

では、実際にどのくらい求人数が増えているのでしょうか。
そして、今後の Ruby エンジニアは安泰なのでしょうか?
そんな Ruby の気になる部分を様々な点から分析してみましょう。

まずは、Ruby の言語としての人気度を調査しました。
プログラミング言語の利用度や人気を調べる際に一般的な手法である「TIOBE Programming Community Index」のデータを元に分析をしました。

このデータによると2018年1月時点でのランキングでは、
1位:Java
2位:C
3位:C++
4位:Python
5位:C#
と続いており、Ruby の順位は11位となっています。

これだけを見ると Ruby の順位が思ったほど高くないと感じるかもしれません。
ですが、Java や C,C++ などの言語は従来の業務系システムで開発されることが多くなっていることもあり、継続案件なども多くなっているためプログラミング言語として利用されていますが、Web 系の新規開発の場合は Ruby が中心のため、今後人気が上がっていると言えますので、決して Ruby の人気が低いという訳ではありません。

その理由として、次は GitHub のデータを分析してみましょう。

GitHub Archive」のアクティブリポジトリのデータでは、長年上位だった PHP のリポジトリ数を抜いて4位に位置しています。

GitHub のアクティブリポジトリのデータは実際にエンジニアがその言語を使って、活動している数に比例していきます。

PHP のような多くの場所で使われている言語と順位が逆転していますので、Ruby についても今後はニーズが高まっていくでしょう。

また、Forkwell の独自調査では、直近の Ruby の案件の伸張率は全言語のうち2位になるなど、近年でも積極的に伸びている言語となっています。
(ちなみに1位は機械学習・AI などでニーズの高い Python 言語となっています。)

Ruby エンジニアの平均年収は562万円?

次に Ruby エンジニアの年収について調べてみました。
このデータについては某大手の転職サービスのデータなどを見てみると平均年収は562万円となっており、色々な言語のランキングの中でも4位と高い順位になっています。
比較されることの多い同じ Web 系の言語である PHP が10位(522万円)であるのと比べると大きく差が付いていると言えます。

Ruby の場合、Web サービスやゲーム系などの収益性の高いビジネスを行っている IT 企業がエンジニア募集しているケースも多いことから、平均年収が高くなっている傾向があります。
そして、特に「Ruby on Rails」のニーズが強くなっており、Ruby エンジニアが不足している事から希少価値が上がり、年収がさらに高くなっているのです。
例えば、優秀な Ruby エンジニアであれば日本でも年収1000万円を超えている人も多く、転職でも技術力・スキル次第ではその位の年収を目指せるようになっています。

勉強会やイベントにも転職の出会いのチャンスが!?

Ruby エンジニアのキャリアアップのチャンスは求人サイトだけではありません。勉強会やイベント、カンファレンスなどもオススメです。
色々な会社のエンジニアがこのようなイベントに参加しているので、自分自身では思いもしなかった出会いがあるかもしれません。

また、自分自身のスキルの向上にも繋がりますので、Ruby エンジニアであればこのようなイベントに定期的に参加しておきましょう。
また、その際には自分のスキルがどの程度なのか、他のエンジニアと比較して客観的に自己分析できる機会にもなりますので、ぜひ積極的に参加してみてください。

Ruby はベンチャー企業だけでなく、大手企業でも使われている

それでは、最後に Ruby がどのような企業で使われているのか、その具体例などをご紹介していきます。
Ruby を採用している企業は「エイチーム」「freee」「ランサーズ」のようなベンチャー企業が多い印象を持っている人が多いかもしれません。

しかし、実際にはこのような新進気鋭のベンチャー企業だけでなく、「ソフトバンク」や「リクルートライフスタイル」「LIFULL」などの大手企業まで多くの企業で導入されています。
つまり、Ruby エンジニアとしての経験を積むことで、ベンチャー企業から大手企業まで幅広くキャリアアップの選択肢が広がるのです。これが Ruby エンジニアとして転職を考えた際の特徴といえます。

Ruby 求人を探しているエンジニアに、Forkwell ができること

それでは、最後に Ruby 求人のオススメの探し方をご紹介します!

Ruby 求人のオススメの探し方!

従来の求人の探し方としては、大手の求人サイトを使う方法がオーソドックスなやり方となっていますが、大手の求人サイトの場合、エンジニアが本当に知りたい情報が求人票に記載されていないことが多くあります。

そこで、ポイントとなるのが Ruby 案件に強い求人サイトやフリーランスなどで働きたい人に向けた転職サービスの活用です。

例えば、エンジニアに特化した転職サービスである Forkwell Jobs の「Rubyist による Rubyist のための転職・求人サイト」では、使っている言語やフレームワークだけでなく、Ruby 以外に使っている言語の有無や開発メンバーに与えられている裁量権がどのくらいあるのか?テストの実施有無、アジャイル開発の実践状況など、エンジニアの目線に立った仕事情報を提供しているので、実際に Ruby 求人を探している人は参考にすることができます。

自分の好きな働き方を見つけるなら「Forkwell Jobs」で探そう!

Ruby エンジニアが転職する際に希望するポイントとして、「新しい働き方を実現したい」、「自分の好きな働き方を実現したい」ということが挙げられます。

「Forkwell Jobs」は、リモート環境で自宅やカフェなど自分の好きな場所で働くことができる求人なども数多く掲載しています。この点は Ruby エンジニアにとって大きなメリットになっています。

実際にリモートで働くことができる Ruby エンジニアの求人はこちらから確認できます。

実際にリモートで働きたい場合の注意点として、どの程度のリモートが出来るのかをしっかりと事前に確認しましょう。
会社によっては週に何日かは出社する必要があるパターンのリモート業務や、、週に一度 Web 会議をするだけであとはどこにいても自由というフルリモートまで幅広い働き方があります。

また、「Forkwell Jobs」は働き方だけではなく、システム環境なども求人の時点で詳細に公開しています。
例えば、「Forkwell Jobs」を運営している株式会社 grooves で使われている技術や開発環境を見てみましょう。

このように「Forkwell Jobs」には、自分の好きな働き方や自分の取り組みたい開発の環境などが詳しく記載されています。

※サービスサイト「Forkwell Jobs

自分の知らない企業と出会いたいなら、特別なスカウトサービスも活用してみては?

また、「Forkwell」ではあなたにスキル・技術に魅力を感じた企業から真摯なアプローチが受けられるスカウトメールのサービス「Forkwell Scout」も運用しています。

「今の技術スキルがどのくらい通用するのか知りたい! 」
「自分の知らない企業を知りたい!」

という方は、エンジニアを募集している企業の真摯なアプローチが受けられるスカウトサービス「Forkwell Scout」で、自身の市場価値を確かめてみてください。

「転職に興味がない」「ひとまず情報を収集してみたい」方にも気軽に使っていただける、キャリアの可能性を広げられるスカウトサービスとなっています。

この「Forkwell Scout」は従来のスカウトサービスのように、企業があなたのスキルや経験を見ずにコピペの文章を大量に送りつけるサービスではありません。
一括送信されたスカウトは一通もなく、本当の意味で「スカウト」をしてくれるサービスです。
(もし一括送信されたように感じるスカウトがあれば、Forkwell 運営事務局にご連絡ください。)

そのため、他社のスカウトメールのサービスのように自分に興味のない内容のスカウトメールが大量に送りつけられることはなく、興味がある仕事内容の企業から、経歴などにしっかりとマッチした特別なスカウトが送られるサービスとなっています。

また、この「Forkwell Scout」では、スカウトメールを送ってきた企業に連絡をすると、いきなり求人に応募したことになって選考が始まる訳ではありません。
そのスカウトへの返信時に「ご飯でも食べながら話す」「コードを見に会社に行ってみる」「Skype で話をしてみる」などの温度感を選ぶ事ができます。

このようなサービスを使いながら、実際に Ruby を使っている会社と交流を深め、エンジニアとしてのキャリアの幅を広げていくのも良いでしょう。

Ruby の求人をお探しなら、ぜひ一度登録をして「本当のスカウトメール」を受け取ってみてください。

「Forkwell Scout」の登録はこちらから