エンジニアの生き様をウォッチするメディア

AIエンジニアの求人を扱っているサービスの紹介と転職のコツ

AIエンジニアの良い求人を見つけるために

近年注目が集まっているAI(人工知能)は、人間と同様の知能をコンピューター上で実現させるための試みや、そのための技術のことです。その開発や、AIを使ったサービス開発のためのエンジニアの需要も高まっています。AIの活用は、音声認識や画像処理だけではなく、自動車の自動運転や産業用ロボットなど、幅広いジャンルへと広がっています


別の分野のエンジニアから、AIエンジニアへの転職を考えている人も多くいます。しかし比較的新しい職種のため、決定的に転職に有利な資格などがない上に、実務経験者も少なく、AIエンジニア求人をどう探せばいいか悩む人も多いのが実情です。

この記事では「これからAIエンジニアに挑戦したい」という方へ、AIエンジニアの求人を扱っているサービス・AIエンジニアへの転職のコツを紹介します。

AIエンジニアへの転職事情


実際にAIエンジニアへの転職を考えた場合、具体的にどういったことが必要になるかまとめてみました。

実務経験がない場合の転職は難易度が高い

どんな分野のエンジニアにも言えますが、AIエンジニアも実務経験がない場合の転職は非常に難易度が高くなります。そのため、一定のスキルがあっても実務経験がない状態での転職活動は苦戦が予想されます


現職がエンジニアでない・何かしらの関連する開発経験がない状態で、漠然と求人に応募しても、AIエンジニアへの転職を成功させることは難しいでしょう。

企業側からの需要が高く市場価値がある

AIエンジニアは転職の難易度が高い反面、企業側からの需要は高く、実務経験者は高い市場価値があります。今後も需要が増加する見込みなので、転職にはおすすめの職種です。

また、難易度に見合った待遇として、エンジニアの中でも給与水準が高く設定されており、1,000万円を越える求人も数多くあります。転職の難易度は高いですが、年収アップが見込める今注目の職種です。

転職のために必要なスキルが非常に多い

転職の難易度を上げている要因の一つに、AIエンジニアに要求されるスキルが他のエンジニアよりも多くなっていることがあります。

人工知能や機械学習を扱うAIエンジニアは、業務に必要なスキルが非常に多岐にわたります。各種のプログラミングスキルはもちろん、統計学やクラウド環境、データーベースの知識も必要になります。

・コードを書くスキル
・機械学習のスキル
・統計・数理のスキル

このようなスキルのうちひとつだけを扱うのではなく、全てを複合的に高い水準で要求されます。

そのため、「AIエンジニアとして実務を行う」ためには、ただ特定の言語を習得するだけではなく、それを身に付けた上で上記のようなスキルを活用した実務経験がある程度あることが求められるのです。

AIエンジニアに向いている人と向いていない人

比較的新しい職種であるAIエンジニアに適性がある人とはどういう人なのでしょうか。自分がAIエンジニアに向いているか、もしくはどういう思考を目指せばAIエンジニア向きになっていくのか、参考にしてみてください。

数式やデータ処理に強く、探求心がある人におすすめ

AIエンジニアはデータ構造やアルゴリズムなど数字やデータを扱うことが多い職業であるため、数式やデータ処理に強い人に向いている職種です。

また、発展途上のAIは新しい技術が求められるため探求心が強く、物事を追求する傾向のある人にぴったりです。「同じことをするのはつまらない」「新しい技術を試してみたい」という志向の人には非常にやりがいがある仕事になるでしょう。

新技術に疎く論理的ではない人に向いていない

逆に、「同じ技術を追求して定型のものを作ったり運用したい」という人にはAIエンジニアの仕事はストレスになるでしょう。

AIエンジニアは常に新しい技術と知識の中で論理的な思考を凝らさなくてはならないため、新技術に疎い人や論理的に物事を捉えられない人には不向きです。

また、「エンジニア」といってもAIエンジニアは「決められた仕様に沿って作る」だけではなく、「どのように作るのか」の企画や、設計の段階からの参加が求められることも多いです。ロジカルシンキングや、指示待ちではなく自発的な行動力も求められます。これまでの「エンジニア」の枠を超えた活躍を期待されるのがAIエンジニアの難しさでもあり、やりがいでもあります。

AIエンジニアになるための方法

AIエンジニアとして働くための方法を、新卒の場合・転職の場合に分けてご紹介します。

AIエンジニアは新しい職種のため、まだ就職に有利な資格などは特になく、数学や統計への適性や、pythonなどの技術の経験や興味が求められます。

大学・大学院やコンピュータ系の専門学校を卒業後に新卒で就職する

前項で触れたとおり、AIエンジニアとして活躍するためには、数学や統計など理数系の素養・情報処理の知識や技術が必要になります。そのため、新卒でAIエンジニア職に就くためには、数学や情報科学系の学部・大学院卒の経歴があると採用されやすいです。

しかし、決定的に有利ということはないので、既に卒業している人がAIエンジニアになるためであれば、それらの学部に入り直すよりは、関連する業務の実務経験を積む方が現実的です。統計については「統計検定」などの資格があるので、転職の際に有利というよりひとつのスキルとして取得するのがおすすめです。

未経験の場合はまずはIT企業で実務経験を積む

AIエンジニアは実務経験を求められるため、実務経験がない状態での転職は難しいです。しかし現在は、求人数に対して実務経験者が圧倒的に不足しているのも事実です。AIエンジニアは機械学習のスキルが必要とされますが、実務経験者はまだ少なく、転職市場でも非常に多くの企業が必要としています。

未経験でも採用する企業も増えているため、まずはそういった企業で実務経験を積むのも有効です。
また、AIエンジニアではなくても、データ分析やpythonを使った業務などの近い領域で業務を経験するのもプラスになります。現在活躍しているAIエンジニアも、元は別の領域のエンジニアとして実績のあった人が、独学でAI開発に必要な技術を身に付けて転身していることが多くなっています。

AIエンジニアになるために必要なスキルを身に付ける

AIエンジニアとして求められるスキルは様々ですが、具体的なプログラム言語にはpython、numpy、pandasなどがあります。この中でも最もメジャーで学習環境が豊富なのがpythonです。pythonの経験がない場合は、まずはpythonでコードを書くスキルを身につけましょう。


他には機械学習についてのスキルが必要になるので、実務経験を積みながらプログラミングと機械学習についてのスキルを身に付けるようにします。

pythonについてはオンライン教育システムも複数あります。それぞれ特徴があるため、自分の環境やレベル感に合ったものを利用すると、書籍での独学よりもスピード感のある学習が可能です。

プログラミングスクールを活用するのもおすすめ

最近はプログラミングスクールにもAIや機械学習のコースが登場しています。オンラインのみ・教室での受講ありなど、料金コースの違いなどがあるため、自分の勤務状況やレベルに合わせたスクールでの学習もおすすめです。 

ビジネス職の人向けのTECHACADEMY

TECHACADEMYは豊富なコースのある完全オンラインのプログラミングスクール。比較的受講料が安く、オンラインでもコードレビューやメンターへの質問などのサポートが受けられます。社会人で自分の空き時間に進めたい人や、既にある程度知識があり、自分で学習を進められる人におすすめ。

未経験者におすすめのtech boost

完全に未経験の状態でAIエンジニアを目指したいという人におすすめなのがtech boostです。通学とオンラインが選択でき、通学は教室に通ってAIとプログラミングについて学ぶことができます。受講料は、オンラインの方がやや安く設定されていますが、どちらも入学金が必要になります。知識がほとんどなくひとつずつ確実に学びたいという人に通学コースがおすすめです。

既にある程度知識がある人にはAidemy

Aidemyは一流企業のAI研修も行っている日本最大級のAI教育サービス。Aidemy Premium Planでは短期間で機械学習、ディープラーニング、データ分析、AIアプリ開発と、AIエンジニアに必要なスキルを幅広く学ぶことができます。また、講師や専属チューターの優秀さもポイントとなっています。すでにある程度の知識があり、更にランクアップを目指したいという人におすすめです。

AIエンジニアへの求人が豊富なおすすめの転職エージェント

AIエンジニアの求人は多く、多様な転職エージェントが扱っています。しかしAIエンジニアと言っても実際に活用される業種などは様々です。転職には専門のエージェントのサービスを受けることで、その不安やミスマッチを少なくすることができます。
それぞれの転職エージェントによって特色などをまとめました。

Forkwell

Forkwell Agent は、 IT、Web、ITコンサル業界へのエンジニアの転職を支援するエンジニア向けエージェントです。


自分のことをグラフで可視化できるポートフォリオサービスも展開しており、エンジニア同士でのポートフォリオ共有も可能です。求人の質は高いものの、要求スキルが高めの求人が多いため、スキルに自信のある経験者向けです。特に東京でのエンジニア案件に強いので、東京で探す方におすすめです。

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント×ITは大手のマイナビが運営する、IT特化のエージェントサービス。ITやweb業界に特化した転職エージェントで非公開求人が多いのが特徴。大手IT企業やインターネット企業の求人が豊富で、AIエンジニアを目指す人にもおすすめ。マイナビが運営するという安心感や利用者の満足度から、特に若手エンジニアに人気の高いエージェントです

レバテックキャリア

レバテックキャリアはITやweb業界に特化しているのでその分野の転職サポートに強いのが特徴です。転職だけでなく、フリーランスを支援するサービスも展開しているため、フリーランスとしてAIエンジニアをしたいと考えている人にもおすすめ。経験や知識が豊富であれば、非公開求人を紹介して貰える確率が高くなります。

応募書類の添削を受けることができるので、転職活動が初めての人もサポートしてくれます。

ギークリー

ギークリーはエンジニア向け、特にwebやゲーム業界への転職に強い転職サポートサービスです。非公開求人が多く、また内定までの期間が比較的短くなっています。東京を中心に、ゲームやエンタテイメント関係のAIエンジニアを希望している人に特におすすめ。ここでしか扱っていない企業の非公開求人もあります。

doda

幅広いジャンルの転職をサポートしている大手転職エージェントがdodaです。ITやエンジニア特化ではありませんが、大手企業や人気の企業の求人を独占紹介しています。ここでしか扱わない求人もあり、人気の企業に転職したいと考えている人や大手企業に転職したいと考えている人におすすめ。東京以外での転職を考えている人にも利用をおすすめします

AIエンジニアとして未来を作る

求人の需要が多いものの、AIエンジニアは要求されるスキルが高いため、なかなか未経験からの転職が難しい職業です。しかし、AIは多様な分野での活用が進んでおり、AIエンジニアになることで転職市場での価値が大きく上がることは間違いありません。

大学が数理系でない場合も、新卒時以外はそれほど問題にはなりません。実務経験と適性があれば、学歴や資格は問われない職種だといえます。また、pythonや統計、データ解析はAIに限らずこれからのエンジニアとして、広く評価される技術になることが予想されています。

高いハードルのある職種ですが、新しい技術が好きで、学習で自分を高めることができる自信のある人にはおすすめです。社会的な貢献にもつながるAIエンジニアへの転職に、是非取り組んでみてはいかがでしょうか。